≪主の祈りの学び≫6「みこころの天になるごとく 地にもなさせたまえ」

宇田慧吾牧師

 原文の順番で訳すと「実現されますように、あなたの御心が、天
におけるように地においても」となります。「御心」という言葉は
「神の意志、判断、願い」という意味の言葉です。

 手塚治虫の名作の一つに『リボンの騎士』がありますね。天使の
いたずらで男の子と女の子の心をもって生まれた王女サファイヤが
恋や宿命に奮闘する物語です。いたずらをした天使チンクは天の父
の命令で、サファイヤから男の心を抜き取るために地上に遣わされ
ます。天の父のおつかいを果たすために奮闘するチンクの姿は「地
にもなさせたまえ」という祈りのイメージに重なるところがありま
す。

 むかしイタリアを旅行していたときに、電車でシスターに席を譲
ったら、‛You are like an angel’「あなたは天使みたいな人ね」
と言われたことがあります。天使は空を飛べて超自然的な力で働く
存在というだけでなく、天の父の願いをこの地上に実現する人のこ
とでもあります。

 「御心の天になるごとく、地にもなさせたまえ」と祈るとき、ぜ
ひ「わたしが天使として用いられ、神様の願いがこの地上にも実現
されますように」そんなイメージを持っていただきたいのです。

 これはわたしが勝手に言っているのではなくって、伝統的な解釈
なのです。ハイデルベルク信仰問答ではこの祈りについて「自らの
持場と職を、天にいるみ使いのごとく、喜んでまた忠実に、つとめ
る者とならせてください」と書かれています。「自らの持場と職」
は地にあるということが重要です。そして、そのわたしが立たされ
ている場所で天使として働くことが期待されています。

「あなたはきっと わたしの天使
わたしもそっと だれかの天使」

 そんな「きっと」「そっと」感がポイントです。わたしたちが気
づかないときにも、わたしたちはお互いにとって天使なのです。

≪主の祈りの学び≫5「み国を来たらせたまえ」

宇田慧吾牧師

 同志社の学生さんたちと週に一度、読書会をしています。いつもは5人ほど集まるのですが、先日は夏休み中だからか、わたしともう一人しか集まりませんでした。その方と話しながら内心「今日は二人かぁ…」なんてしょげていたのですが、だんだんと深い話になり、最後には「二人で話せてよかった~~!!」という気持ちになりました。

 「せっかくこういう出会いを与えられたから、何かよい実りになるように形にしていきたいですね」と言おうと思っていたら、その方が先にそう言いました。気持ちが一つになる瞬間、この人と出会えてよかったと心から感じる時、いいですよね。

 「実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ」ルカ17:21

 「神の国は言葉ではなく力にあるのですから」Ⅰコリ4:20

 キリストは「ほかの町にも神の国の福音を告げ知らせなければならない」(ルカ4:43)と言って、あちこちに足を運びました。キリストが来て、人々と出会い、福音を告げる場所は、たちまち「み国」となったことでしょう。

 キリスト者のいる場所、そこが「み国」とされていくように「み国を来たらせたまえ」と祈ります。そんな大層なことわたしにはできませんという声が聞こえてきそうですが、働きや存在感は小さくてもいいのです。むしろ小さい方がいいのです。

 「神の国は…からし種に似ている。人がこれを取って庭に蒔くと、
 成長して木になり、その枝には空の鳥が巣を作る」ルカ13:19

 「神の国は…パン種に似ている。女がこれを取って三サトンの粉に
 混ぜると、やがて全体が膨れる」ルカ13:21

 讃美歌第二編の人気ソングの一つに「ちいさなかごに」があります。小さなかごに花をいれて寂しい人に贈れば、花の香りが部屋に満ちて心を明るくするでしょうという歌ですが、サビは「愛のわざは小さくても 神の御手が働いて~♪」でした。小さなことでいいのです。「み国が来ますように」と祈りながら、小さな働きをささげましょう。

≪主の祈りの学び≫4「願わくは御名をあがめさせたまえ」

宇田慧吾牧師

主の祈りは6つの祈りで構成されています。前半の3つは神のための祈り。後半の3つは人間のための祈りです。その全体の前後に呼び かけと頌栄があります。

神のための祈りの一つ目が「願わくは御名をあがめさせたまえ」です。日本語の「あがめる」には「①きわめて尊いものとして敬う ②大事に扱う」の意味がありますが、この意味だけでは聖書の意味するところを十分に表してはいません。

原語を直訳すると「あなたの その 名前が 聖とされるように」です。英語では‛may your name be treated as holy’と訳されます。

「聖」‛holy’がキーワードです。まず第一に「聖」は「清い」と いう意味ではありません。「清い」は汚れなく美しいことですが、ここでの「聖」はそういった意味とは異なります。

「聖」は「区別する」という意味で、神と人を「別扱いする」こ とです。つまり、神と人間とを混同しないで、神は、神として、神 らしく扱うことです。

「願わくは御名をあがめさせたまえ」では、「御名をあがめさせ てください」と神に願うわけですから、わたしたちが謙虚に気をつけて神と人とを区別するということではありません。天の父ご自身がその区別をはっきりと示してくださいという祈りです。

話は変わりますが、教会にはインフレがあると言われます。言葉のインフレです。神の御名が乱用され、いちじるしく価値を失っている。使い古された紙幣のようにぞんざいにあつかわれ、垢がつき、べとべとになっている、と。

あまり批判的に受け取らなくても、わたしたちの言葉では天の父 を語りつくすことはできないという意味では、その通りだと思います。神と人とをはっきりと区別するのは、天の父ご自身です。キリスト者は福音を伝えるために語り働きますが、同時にいつも沈黙しているのがよいのです。人を天の父に出会わせ、人を救い、人に御名をあがめさせるのは、天の父ご自身なのですから。

≪主の祈りの学び≫3「天にまします我らの父よ」

宇田慧吾牧師

 主の祈りの最初の呼びかけは「苦悩に満ちた溜息と深い苦しみの中からの叫びとなり、同時に最後の希望となる」。 V.リュティ

 最後の希望となるのは、それが天への呼びかけだからです。天はわたしたちの心ではありません。天はわたしたちの外側にあります。 主の祈りがまず最初にわたしたちにさせることは、天に目を向けさせることです。自分を見つめることではなく、天を仰ぐことです。天にはわたしたちよりも視野が広く、配慮に富んだ父がいます。その父がわたしたちよりもはるかに行き届いた形で、万事を取り計らってくださっています。

 主の祈りが「我らの」祈りであることは幸いなことです。それはつまり、主の祈りは「我」の祈りではないということです。教会はキリストに招かれた人たちの共同体です。そこにはいろんな人がいます。考えが合う人も合わない人もいます。親切な人も不親切な人もいます。人と一緒にいるのが得意な人も得意でない人もいます。一方、共通しているのは、みんな天の父に愛されていること、互いに愛し合い、赦し合い、仕え合うことが期待されていることです。

 ボンヘッファーはこんなことを言ったそうです。「キリスト者は、自分では自分を助けることはできない…神の救いのみ言葉の担い手、宣教者としての兄弟を必要とする。…自分の心の中のキリストは、兄弟の言葉におけるキリストよりも弱いのである」。「我」でなく、「我ら」であることは尊いことです。キリストも「神の国はあなたがたの間にある」と言っています。

 天の父がどのような方であるかは、放蕩息子のたとえ(ルカ15:11-32)に書かれている通りです。天の父はわたしたちがイメージする一般的な父とは違っています。もう合わせる顔がない、わが子と呼ばれる資格はない、そううなだれる子どもであっても「父よ」と一言呼びかければ、走り寄って来て抱きしめてくれる父です。

 「アッバ、父よ」と祈る教会も増えているようです。「アッバ」はヘブライ語で「おとうちゃん、パパ」という意味です。キリストは天の父をアッバと呼びました。天の父への親しみと信頼が伝わってきます。わたしたちも信頼をもって「父よ」と呼びかけましょう。

≪主の祈りの学び≫2「ものおぼえわるく」

宇田牧師

 「わたしたちにも祈りを教えてください」。そんな弟子の一人の言葉に答えて、キリストは主の祈りを教えました。

 主の祈りはマタイによる福音書6章9-13節とルカによる福音書11章2-4節に書かれています。けれども、少しずつ言葉が異なっています。その理由について、「ルカの方がシンプルなため、原型に近い」と言われることがありますが、平野克己先生の説く「なかにはおぼえの悪い弟子がいて、祈りの言葉の一字一句まで正確に暗記することができなかったのかも」という珍説には妙な説得力があります。

 おぼえの悪い弟子は「主よ、ごめんなさい。また忘れてしまいました。『願わくは御名を崇めさせたまえ』の次はなんでしたか」と繰り返し尋ねたことでしょう。でもきっと、キリストが教えてくださったこの祈りは、一度でおぼえてすらすらとそらんずるようなものではなく、繰り返し繰り返し教わる方がよいのかもしれません。

 主の祈りはとっくに暗記して、何十年も祈っているが、言葉の意味は素通りしている。そんなケースは珍しくないと思います。主の祈りを祈る度に、キリストに教えていただく、そんな「おぼえのわるさ」を自覚することが実は肝心なのかもしれません。

 主の祈りの「おぼえにくさ」には理由があると言われます。それは、祈りの言葉のひとつひとつがわたしたちの自然な心の動きに逆らってくること、ぶつかってくることです。自分の名が栄えることを願う私。自分の思い通りになる世界を求める私。今日一日分の糧を神に求めず一生分の糧を貯蓄しようとする私。

 ルターは主の祈りの講解の中で「私は無にされるように」と繰り返し言いました。悪い意志だけでなく、善い意志も無にされるようにと言いました。主の祈りは「私」を育てる祈りではなく、「私」を無にする祈りです。

 弟子たちは寝食を共にする旅をしながら時間をかけて主の祈りを教わりました。わたしたちも時間をかけて主の祈りを教わり続けるのがよいようです。無理に「私」を削るのではなく、主の祈りを教わりながら「私」に気づき、キリストと歩調を合わせていきたいです。

≪主の祈りの学び≫1「はじめに」

宇田慧吾牧師

 亀岡の礼拝に行ったとき、4月から新しく来られている方が、主の祈りを暗唱していました。主日祈祷会でのことです。「もうおぼえたんですね」と声をかけると「使徒信条はまだですが」とのことでした。

 ついこの前までキリストを知らずにいた人が、教会に導かれ、礼拝に通い、聖書を読んで祈っている。そしてとうとう主の祈りをおぼえた。そんな風にキリストと出会い、絆を深めていくプロセスは、見ていてとても嬉しくなります。

 主の祈りを初めて「そら」で祈った日をおぼえていますか?教会学校で教わったという方はきっと習慣でおぼえたでしょう。一方、人生の途中で教会に出会ったという方には、初めて紙を見ず、目を閉じて主の祈りを祈ったときの感動があったかもしれません。

 自分がどちらの境遇にあったにせよ、今、あらためて初々しい気持ちで主の祈りを祈ることができたら、それはとても喜ばしいことです。

 礼拝中、讃美歌や聖書や祈りを通り過ぎて行くようなことがときどき(しばしば?)あります。わたしの場合「説教で何話そうかな・・・」なんてことで頭がいっぱいなときです。お恥ずかしいことに。

 こころをあわせて礼拝を大切にまもる。あまりにも当たり前で言うまでもないことかもしれません。でも、それが教会のいのちです。

 最近教会に来はじめた方だけでなく、わたしたちみんなが「キリストと出会い、絆を深めていくプロセス」の中にいます。そのためのひとつの工夫として、主の祈りの学びをご一緒にもてたらと思います。

 主の祈りは「福音全体の要約」とも言われます。そんなキリストが教えてくださった大切なお祈りを、学び、親しむ機会となればと願います。