《創立(合同)50周年記念礼拝にあたり》

宇田慧吾牧師

 50年前、丹波新生教会が生まれる時に2冊の書物がしたためられました。亀岡教会の43年の歩みを綴る『亀岡教会史』、丹波教会の85年の歩みを綴る『開拓者と使徒たち』です。両書には口丹波伝道に献げられたキリスト者たちの生き生きとしたドラマが記録されています。

 『亀岡教会史』のまえがきには村上英司牧師の言葉が記されています。「私はこの教会史を手にして、心から喜んでいます。それは亀岡教会の43年の終わりの書ではないからです。この教会史を読んで、早く誰かこのあとを書いて見せてくださいと、ねだりたい気持ちにかられるからです」。

 『開拓者と使徒たち』には青年たちが発行していた「あめんどう」という雑誌の文章が引用されています。「記念事業…それは休火山が、かつて活火山であった時代をなつかしむ哀れなとむらいの祭事としか映らないのです。…私たちにとって必要なのは、かつての活火山をなつかしむ事ではなく、…山をも動かす信仰の力でこの活火山に再び火を真赤な溶岩を噴出させることなのです」。この言葉に対し、著者であり役員であった船越基氏は次のように応えました。「人間は誰でも弱い者である。不完全なものなのだ。みんなそれぞれに十字架を負ってなやみながら人生行路を歩み続けているのである。自分の弱さを自覚し、神によりすがって生きて行くこと、そのことに人生の意義があると信じて私は明日も教会の門をくぐるであろう。わたしは死火山でありたくない」。 モーセは40年の旅路の終わりに、ネボ山の山頂から約束の土地を見渡した時、「あなたは、そこに渡って行くことはできない」と主に命じられ、そこで葬られ、旅の行く末を次の世代に託しました。私たちの信仰の先達もまた、旅の行く末を次の世代に託しました。今も天で旅の行く末を見守り、支えてくれていることでしょう。

2020年9月27日

教会に通わずに聖書を学びたい方のために No.34

宇田慧吾牧師

1月から読み続けてきたローマの信徒への手紙も今日で最後です。

パウロは長い手紙の最後を「頌栄」すなわち神に栄光を帰することで締めくくりました。

信仰義認、神の計画、聖化、多くのことを語ってきましたが、それらすべては神に栄光を帰するため。

私は神に救われた。

感謝している。

この神の福音が多くの人に届くように。

そのために私は働きます。

どうか用いてください。

頌栄にはそんな気持ちが込められています。

他にも2つキーワードがあります。順番に見ていきましょう。

①福音はあなたを強くする

「神は、わたしの福音すなわちイエス・キリストについての宣教によって、あなたがたを強くすることがおできになります」

パウロはキリストに出会って人生を変えられました。

実のところ、パウロ自身はイエス・キリストに直接出会ったことはありません。

パウロはキリストに出会った弟子たちに出会い、霊的にキリストに出会いました。

そこでキリストから受け取ったものを「福音」と表現しています。

「福音」は「良い知らせ」という意味の言葉で、元来は戦に勝った知らせを走って伝えに来る朗報のことでした。

英語では「good news」と訳されます。

キリストに出会った人たちが「キリストはこういう人だった!」と伝達をしたその内容が「福音」です。

ただ、それは伝言ゲームの情報のような伝達ではなくて、パウロが「『わたしの』福音」と言うように、受け取った人の心に深く根付いて、その人の体験になるような知らせです。

「わたしの福音」という程に心に根付いていく時、福音は人を強くします。

「強さ」にも様々な種類がありますが、ここでいう強さはキリストの生涯に表れている強さです。

それは残念ながら「無双」や「無敵」「完全」のような一般に期待される類の強さではありません。

パウロは次のように表現しました。

「苦しめられても行き詰まらず、途方に暮れても失望せず、

 虐げられても見捨てられず、打ち倒されても滅ぼされない」(コリント二4:8,9)

「神の弱さは人よりも強い」(コリント一1:25)

福音が与えてくれる「強さ」は、弱さの中で人を支え続けてくれる強さです。

②秘められた計画を啓示する

「この福音は、世々にわたって隠されていた、秘められた計画を啓示するものです」

「啓示」は人知では知り得ないことを神が明らかにすることです。

もともとは「おおいを外す」というイメージの言葉です。

目の前にあるけど、風呂敷がかけられていて見えない。

それをパッと外す。

見えるようになる。

そんなイメージの言葉です。

神さまはこの世界、私の人生にどんな計画をしているのか。

あるいは、どうしてこんな苦しい経験を与えるのか。

生きていくことにはどんな意味・価値・目的があるのか。

それらは人の探求によって究めることはできませんが、覆いが外された時に明らかにされます。

ここが重要なポイントですが、パウロの場合、キリストとの出会いが啓示になりました。

「イエス・キリストの啓示」という言い方をしますが、キリストに出会うことで覆われていたものが明らかにされます。

また、啓示は「一度きりで全部」ではありません。

啓示された後にも、段々と時間をかけて明らかにされていきます。

神学では「漸進ぜんしん的啓示」と言います。

そのような段々と明らかにされていく啓示を信頼して待てるようになると生きることが楽になります。

人生のイニシアティブ(主導権)を自分ではなく、神にお返しするとも言えます。

すべてのことには定められた時があり、

その「時」を神さまは整えてくれている。

福音はそう信じて、待つ心を人に与えてくれます。

《ローマの信徒への手紙16章25-27節》

2020年9月13日

《おまけ》

約9カ月にわたって、ローマの信徒への手紙の講解説教をしてきました。

たぶん一人ではしません。(いえ、確実にしません)

毎週日曜日に教会に集まり、一緒に礼拝し、牧師のメッセージに耳を傾けてくれる教会の皆さんがいるから、こんなにじっくりとローマの信徒への手紙に向き合うことができました。

いつも礼拝を共にし、私を支えてくれる教会の皆さんに心から感謝します。

連載のタイトルを「教会に通わずに聖書を学びたい方のために」としたことを途中、後悔したこともありました。

教会に集められた人たちとの出会い抜きに、聖書を学ぶことはできないと感じたからです。

もともとは、地域の方との出会いをきっかけにつけたタイトルでした。

その方は、昔、教会に通っていたけど、「教会特有の文化」になじめずに離れてしまった。最近も別の教会に通ってみたけど、やはりなじめない。歳を重ね、人生の終い仕度を考え始め、やはり聖書を学びたいと思うけど、教会にどうしてもなじめない。

そんな方でした。

その方が「教会に通わずに聖書を学ぶことができたらいいのに」と仰ったので、「教会に通わずに聖書を学びたい方のために」という連載を始めたのでした。

結果、その方が読んでくれたのかは分かりませんが、別の地域の方から「読んでます」という言葉をかけていただき、ありがたく思っています。

教会に集っている方の中には「なんとおかしなタイトルだ」と気を悪くされた方もおられたことと思います。どうかご容赦ください。

私自身、教会に通わずして聖書を学ぶことはほとんど不可能だと思っています。

ただ、制度的教会や目に見える教会だけを聖書は教会だと捉えてはいません。

「聖書のメッセージを受け取りたい」

「聖書のメッセージを伝えたい」

そんな思いで2人、3人が集まるところにもまたキリストは共におられます。

これまで教会の礼拝堂で直接お会いすることはなくても、この連載を読んでくださった皆様に神さまの豊かな祝福をお祈りします。

もしよければ、お近くの教会に足を運んでみてください。

教会には神さまに救われた人たち、キリストに出会った人たちが集まっています。

教会に通わずに聖書を学びたい方のために No.33

宇田慧吾牧師

《ローマの信徒への手紙16章1-24節》

「大人になると友達ができない」と言うことがあります。

もちろんそんなことはないのですが、確かに社会的立場や利害関係が生じてくると、子どもの頃のような純粋な友達というのは得にくくなっていく面があります。

仕事で責任を負うようになったり、家庭への責任を負うようになったりすると、忙しさゆえ気軽な友達付き合いを後回しにせざるを得ないということもあるかもしれません。

一方で、友達がいない人生というのは寂しいものだと思います。

仕事や家庭で逆境に遭ったとき、友達は支えになります。

歳をとっていけば仕事も子育ても手放し、夫婦関係や親子関係も変化していきます。そのような時、友達の存在は貴重になるでしょう。

一つの土地で、親族と近くで過ごせる時代ではなくなってきた分、友達の存在はその重要性を増しているかもしれません。

今日の聖書ではパウロが手紙の締めくくりに信仰の友の名を35人挙げています。

「フェベ、プリスカ、アキラ、エパイネト、アンドロニコ・・・」と言われても、私たちには無味乾燥な羅列でしかありません。

けれども、パウロにとってはその一人一人が思い出のつまった友でした。

フェベは私を援助し支えてくれた。プロスカとアキラは私を命がけで守ってくれた。エパイネトはアジア州で信仰をもった第一号だった。アンドロニコは私と一緒に投獄もされた。

また、35人の中には、外国人、奴隷、王の親族、高貴な身分の人など、多様な立場の人が含まれていたようです。

パウロが相手の社会的立場や身分を問わず、「人」として出会っていたことが読み取れます。

最近の老人ホームの話で「私は〇〇の会社で働いた」という入居前のキャリアを誇り続ける「王様」がいるという話がありました。

「人」そのものよりも、職業やステータスでお互いを見てしまうということはごく自然にあることですが、晩年に至るまで人とそのような出会い方をし続けるのはもったいないことであるように思います。

《ローマの信徒への手紙16章1-24節》

「大人になると友達ができない」と言うことがあります。

もちろんそんなことはないのですが、確かに社会的立場や利害関係が生じてくると、子どもの頃のような純粋な友達というのは得にくくなっていく面があります。

仕事で責任を負うようになったり、家庭への責任を負うようになったりすると、忙しさゆえ気軽な友達付き合いを後回しにせざるを得ないということもあるかもしれません。

一方で、友達がいない人生というのは寂しいものだと思います。

仕事や家庭で逆境に遭ったとき、友達は支えになります。

歳をとっていけば仕事も子育ても手放し、夫婦関係や親子関係も変化していきます。そのような時、友達の存在は貴重になるでしょう。

一つの土地で、親族と近くで過ごせる時代ではなくなってきた分、友達の存在はその重要性を増しているかもしれません。

今日の聖書ではパウロが手紙の締めくくりに信仰の友の名を35人挙げています。

「フェベ、プリスカ、アキラ、エパイネト、アンドロニコ・・・」と言われても、私たちには無味乾燥な羅列でしかありません。

けれども、パウロにとってはその一人一人が思い出のつまった友でした。

フェベは私を援助し支えてくれた。プロスカとアキラは私を命がけで守ってくれた。エパイネトはアジア州で信仰をもった第一号だった。アンドロニコは私と一緒に投獄もされた。

また、35人の中には、外国人、奴隷、王の親族、高貴な身分の人など、多様な立場の人が含まれていたようです。

パウロが相手の社会的立場や身分を問わず、「人」として出会っていたことが読み取れます。

最近の老人ホームの話で「私は〇〇の会社で働いた」という入居前のキャリアを誇り続ける「王様」がいるという話がありました。

「人」そのものよりも、職業やステータスでお互いを見てしまうということはごく自然にあることですが、晩年に至るまで人とそのような出会い方をし続けるのはもったいないことであるように思います。

利益を得たり、問題を解決したり、互いを向上させるためではなく、一緒に話し、笑い、食べ、共に悩み、支え合い、そばにいてくれる友の存在は人生を豊かにしてくれるものかと思います。

2020年9月6日

10/18(日)tempesta in musica@園部会堂のお知らせ

地元のミュージシャン3名による定例コンサート「tempesta in musica(音楽の嵐)」が開催されます。

日 時:10月18日(日)14時30分~16時頃
会 場:丹波新生教会園部会堂
協力金:2000円
運 営:タンバミュージアムワークス

【申し込み先】090-8382-8274 明田氏
※完全予約制(定員25名)

亀岡在住の佐々木めぐみさん(ヴァイオリン)、美山在住の中野潔子さん(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、園部在住の大城敦博さん(ヴァイパー)がバロック音楽~琉球音楽~オリジナル曲を演奏されます。コロナ対策で完全予約制となっていますが、ゆったりした空間で贅沢に生演奏を堪能できます。第一回の9月6日は満席完売でした。お申し込みはお早めにどうぞ♪

おやこでことえほん@園部会堂のお知らせ

”親子で楽しむ、絵本の読み聞かせとお箏演奏のコラボイベント”が園部会堂で開催されます♪

日程:9月26日(土)、10月28日(水)、11月28日(土)
時間:午前10時30分~11時30分
内容:絵本・箏・手遊び等を取り入れた親子で楽しむプログラム
定員:0歳~小学生10名、大人10名
会場:丹波新生教会園部会堂
後援:南丹市教育委員会、京都新聞

【申し込み先はこちら】ことえほん
※教会ではなく直接ことえほんさんへの申込になります!

【参加される方へお願い】
・可能な限り、マスクを着用してご来場ください。
・熱やせき、体調不良の方は参加を見合わせてください。
・人数制限を設けているため、事前予約制です。参加受付メールのない方のご参加はご遠慮下さい。
・やむを得ず公演を中止する場合がございます。その際にはお申込み時のメールにご連絡いたします。ご了承下さい。

他にも大津や京都市内でも開催されます。イベントの最新情報はことえほんのFacebookをご覧ください。

《説教要旨》「キリストに結ばれて、律法から解放される」 ローマの信徒への手紙 7章1-6節

宇田慧吾牧師

 この手紙を書いているパウロは、律法に従って生きるエリートでした。けれども、キリストに出会ってから、過去の自分を振り返ってみると、律法に「縛られていた」ことに気づきました。律法を貫徹しているという高慢な自尊心や他者に対する過度な裁きに縛られていたのでした。パウロはキリストとの出会いをきっかけに、その律法の縛りから解放されていきました。かつてのパウロは「正しく生きること」に一生懸命であった一方、自分の「正しくあれなさ」に向き合うことを見落としていたようです。パウロはキリストが十字架にかかった出来事と向き合う中で、神が自分の罪を赦し、その赦しのために十字架の痛みを引き受けてくれたことを知りました。その気づきをきっかけにパウロは律法に縛られる生き方から解放されていきました。

 その後の変化についてパウロは「死に至る実」を結ぶ生き方から「神に対して実を結ぶ」ように変えられたことを語っています。自分を正しい者として、自尊心を膨らませ、他者を厳しく裁いていくと、最後は自分の正しくなさに対する裁き、自己否定につながっていきます。逆に、自分の罪を受け入れ、忍耐や寛容や赦しをもって関わってくれている神や周囲の人の存在に目を開かれると、感謝の気持ちが生じてきます。

 特に想いをもって人と関わる時や自分と深く向き合う時には、相手を責める気持ちや「こんな自分ではいけない」という気持ちに縛られることがあります。その縛りからキリストは私たちを解放してくれます。

 2020年8月30日 亀岡会堂