4月26日礼拝メッセージ@園部会堂 「信仰を養う生活習慣」

宇田慧吾牧師

 親愛なる皆さま、おはようございます。各家庭での礼拝となって2週目を迎えますが、いかがおすごしでしょうか。ライブ配信での礼拝を自宅にて守っている方、ご夫婦で礼拝を守ることができたという方、いくつかの嬉しい知らせを聞いています。教会内では、老人ホームに入居されている方に心配りをしてくださった方もおられたようです。

 私自身はいくつかの用事がキャンセルになった程度でいつも通りの生活をしています。4月からは妻が仕事復帰したので、週3日は娘の子守りをしながら事務作業や応接をしています。娘が生まれる前に今後の家庭の方針を妻と相談していくつか決め事をしたことがありました。その中の一つに食前のお祈りがありました。「この食事を感謝していただきます。アーメン」という簡単なお祈りを娘がお腹の中で耳が聞こえるようになった頃から始めました。1歳3か月を迎える最近は、自分から手を合わせて、「メン!」と言えるようになりました。

 私自身、物心ついた頃には家族でそのような食前のお祈りをしていました。18歳で人生に深く悩んだ時、教会を思い出し、自然にお祈りすることができたのは、長い間続けられた食前のお祈りのおかげだったように思います。

 先日、宗教学者の小原克博さんが「信仰は常時に養い、非常時にものをいう」と話しておられました。非常時や困った時だけでなく、日頃から信仰を養う生活習慣を身に着けておきたいものです。

 今日の聖書箇所からも信仰を養う生活習慣についてヒントを得ておきたいと思います。初めに、ポイントとなる言葉を挙げます。

「今や、キリスト・イエスに結ばれている者は、罪に定められることがありません」8:1
「霊に従って歩む」8:4
「神の霊によって導かれる」8:14
「神の子とする霊を受けた」8:15
「この霊によってわたしたちは『アッバ、父よ』と呼ぶ」8:16

 パウロはキリストに結ばれることで罪の赦しを受け取ることができました。通常、自分の罪を責め立てる相手には心を閉ざすものかと思います。パウロは十字架にかかり死んで復活したキリストに出会うことで、神さまは自分の罪を責めないということを知りました。逆に、自分の罪の責任を肩代わりして、痛みを引き受けてくれたということを知りました。自分のために傷ついてくれたキリストにパウロは心を開くようになりました。

 キリストに心を開いたパウロは、聖霊に従って生きるようになりました。具体的に言えば、祈りの中で神さまの思いを確かめ、自分の思いではなく神さまの思いに従って生きるようになりました。また、自分の思いに基づく選択より、神の導きに信頼するようになりました。

 導きに信頼するようになったパウロは、神を「アッバ、父よ」と呼ぶようになりました。「アッバ」は「パパ、おとうちゃん」という意味でキリストが好んだ呼び方です。パウロにとって神さまが、忠実に従うべき主人というだけでなく、幼子が素直な信頼をもって頼る親のような存在になったことがうかがえます。

 三つのポイントがありました。
・神さまに心を開く
・聖霊に従う
・幼子のように神さまに頼る
 この三つ、心にあるでしょうか。

2020年4月26日の週報

コロナウイルス感染拡大を防止するため、教会に集うことができません。礼拝の式次第を掲載いたしますので、各ご家庭で共に賛美し祈りましょう!●

○復活節第3主日礼拝 労働聖日
●亀岡礼拝(亀岡会堂) 午前10時30分
司会:片岡広明牧師 奏楽:HymnPlayer

前  奏           
招  き      詩編 89:16
頌  栄  24(たたえよ、主の民)
主の祈り  (讃美歌93-5A)
使徒信条  (讃美歌93-4A)
聖  書  ヨハネによる福音書
      21章1-14節 (新P.211)              
祈  祷         
讃  美  324(主イエスはすすみて)
説  教   「みんな知っていた」   
祈  祷        片岡広明牧師
讃  美  79(みまえにわれらつどい)
献  金  
頌  栄  27(父・子・聖霊の)
祝  福        片岡広明牧師
報  告
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●船南礼拝(園部会堂)  午前10時30分
司会:宇田慧吾牧師 奏楽:今井恵一兄
前  奏          奏 楽 者
招  き    マタイ28:5-7   司 会 者
頌  栄  24(たたえよ、主の民)
主の祈り  (讃美歌93-5A)
使徒信条  (讃美歌93-4A)
聖  書  ローマの信徒への手紙
       8章1-17節 (新P. 283)                
祈  祷           司 会 者
讃  美  46(すべての人よ) 2回繰り返し
説  教  「アッバ、父よ」
祈  祷         宇田慧吾牧師
讃  美  466 (山路こえて)
献  金  感謝祈祷     当  番
頌  栄  27(父・子・聖霊の)
祝  福         宇田慧吾牧師
後  奏           奏 楽 者
報  告

〇次週予告
【5月3日 復活節第4主日礼拝予告】

◇亀岡礼拝は会堂での礼拝は牧師と牧師家族のみで行い、他の方々には非公開とします。船南礼拝は牧師と出席可能な役員のみで行います。

○お知らせ
◇新型コロナウイルス感染拡大防止のため、亀岡礼拝は非公開で牧師家族のみで行います。船南は牧師と出席可能な役員のみで行います。礼拝順序を一部省いて時間を短縮して行います。この方法による礼拝は5月3日(日)まで継続します。この期間中は胡麻夕礼拝と須知礼拝は休止とします。5月10日(日)からは通常に戻す予定ですが、状況を見て判断します。木曜日の亀岡の祈祷会も4月中はお休みです。

◇教会に集うことができなくても、わたしたち丹波新生教会は信仰によって結ばれています。日曜日の礼拝の時間に合わせて、それぞれの場所でその日の聖書箇所を読み、神様を賛美し、心を一つにして祈りましょう。神様がすべての人の命を守って下さるように、そして再び相集い、共に礼拝を守れる日が来ますように祈りましょう。

教会に通わずに聖書を学びたい方のために No.15

宇田慧吾牧師

 今日は、ローマの信徒への手紙7章7-25節を読みます。

07:07では、どういうことになるのか。律法は罪であろうか。決してそうではない。しかし、律法によらなければ、わたしは罪を知らなかったでしょう。たとえば、律法が「むさぼるな」と言わなかったら、わたしはむさぼりを知らなかったでしょう。 07:08ところが、罪は掟によって機会を得、あらゆる種類のむさぼりをわたしの内に起こしました。律法がなければ罪は死んでいるのです。 07:09わたしは、かつては律法とかかわりなく生きていました。しかし、掟が登場したとき、罪が生き返って、 07:10わたしは死にました。そして、命をもたらすはずの掟が、死に導くものであることが分かりました。 07:11罪は掟によって機会を得、わたしを欺き、そして、掟によってわたしを殺してしまったのです。 07:12こういうわけで、律法は聖なるものであり、掟も聖であり、正しく、そして善いものなのです。

07:13それでは、善いものがわたしにとって死をもたらすものとなったのだろうか。決してそうではない。実は、罪がその正体を現すために、善いものを通してわたしに死をもたらしたのです。このようにして、罪は限りなく邪悪なものであることが、掟を通して示されたのでした。 07:14わたしたちは、律法が霊的なものであると知っています。しかし、わたしは肉の人であり、罪に売り渡されています。 07:15わたしは、自分のしていることが分かりません。自分が望むことは実行せず、かえって憎んでいることをするからです。 07:16もし、望まないことを行っているとすれば、律法を善いものとして認めているわけになります。 07:17そして、そういうことを行っているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです。 07:18わたしは、自分の内には、つまりわたしの肉には、善が住んでいないことを知っています。善をなそうという意志はありますが、それを実行できないからです。 07:19わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。 07:20もし、わたしが望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです。 07:21それで、善をなそうと思う自分には、いつも悪が付きまとっているという法則に気づきます。 07:22「内なる人」としては神の律法を喜んでいますが、 07:23わたしの五体にはもう一つの法則があって心の法則と戦い、わたしを、五体の内にある罪の法則のとりこにしているのが分かります。 07:24わたしはなんと惨めな人間なのでしょう。死に定められたこの体から、だれがわたしを救ってくれるでしょうか。 07:25わたしたちの主イエス・キリストを通して神に感謝いたします。このように、わたし自身は心では神の律法に仕えていますが、肉では罪の法則に仕えているのです。

 前回は「文字に従う古い生き方ではなく、霊に従う新しい生き方」が勧められていました。

 それは簡潔に言えば、「律法に縛られず、神の愛を受け取って生きる」ということでした。神の愛はどんなものかと言えば、「忍耐」「寛容」「慈しみ」と言った言葉が使われていましたね。

 今回、パウロはまず、だからといって律法が悪いものというわけではないのですよと言います。

 律法や良心といった人を律するものは、パウロが経験したように他者を裁く癖や優越心を膨らませてしまうことがあります。けれども、それは律法そのものの問題ではなく、律法によって明らかになった「罪」の問題なのですよと指摘されています。

 そして、パウロは罪について自らの体感を語ります。

「わたしは自分のしていることが分かりません。自分が望むことは実行せず、かえって憎んでいることをするからです。」

「善をなそうという意志はありますが、それを実行できないからです。」

「わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。」

「わたし自身は心では神の律法に仕えていますが、肉では罪の法則に仕えているのです。」

 罪はパウロの心にジレンマを引き起こしていました。善を望みながらも、悪を行ってしまう。

パウロはそんな自分を「なんと惨めな人間なのでしょう」と嘆いています。

けれども、パウロはそう嘆いてすぐ「主イエス・キリストを通して神に感謝いたします」と告白しています。

罪のジレンマの問題はパウロの深い嘆きであるのと同時に、その問題に解決の道を与えてくれる神への感謝の源でもあったのでしょう。

2020年4月19日

4月19日礼拝メッセージ@園部会堂「人格の成熟、社会の成熟」

宇田慧吾牧師

 今週から3週間は牧師と限られた方だけで礼拝を守ることとなりました。新型コロナウィルスの感染拡大によって、各国の社会がチャレンジを受けているのと同じように、私たち各個人の精神もチャレンジを受けています。恐れに支配されず、このような時こそ他者への思いやりや互いに支え合う心、日常への感謝を新たにしましょう。

 重要な教訓はいつも非常時に心に刻まれるものです。私は前任地が福島県の教会でした。3.11の震災から3年後の着任でしたが、保育園では外遊びが制限されていて、園庭以外での野外活動は線量計で安全が確認された場所に限られていました。あぜ道などは除染作業の順番が遅かったため、その辺の雑草は触ってはいけないという意識を小学生なら当然に持っていました。京都に赴任してすぐ、幼稚園の子どもたちが野外で木の実を食べているのを見て驚愕したことを思い出します。震災後の福島で育った子どもたちは、自然の中で自由に思いきり遊ぶという経験が制限されました。それはとても残念なことでした。一方で、子どもたちのために保育園の先生たちは遊びの工夫に心を砕いていましたし、安全な遊び場の確保に努めていました。福島県外の方たちからは砂場の砂を送っていただいたり、保養キャンプの受け入れでお世話になったりもしました。きっと福島の子どもたちは、自然に触れられることのありがたさや困った時に助け合うことの大切さを身をもって知った人に育ち、これからの社会をつくってくれると信じています。

 非常時が重要な教訓を人の心に刻む一方で、非常時は人の心の弱さもあらわにします。ヨーロッパでペストが猛威をふるった時には、ユダヤ人が井戸に毒を入れたという噂が広がり、罪のない人たちが犠牲となったそうです。関東大震災の時にも同じように根も葉もない噂が広がり特定の人たちが犠牲になりました。こういった社会の一部の人たちに非常時の恐れが押しつけられることを歴史は経験してきました。非常時にはもともと人の心の中にある差別意識が噴き出すことがあります。今の日本の状況ではどうでしょうか。休業補償について特定の職業が対象外とされそうになりました。また、もし自分が感染したら、感染による症状よりも周囲の目が恐いという声も聞きます。

 非常時は、重要な教訓を心に刻むチャンスであり、同時に、人の心の弱さがあらわになるピンチでもあります。私たちは前者の道を行きましょう。また、自分の心に潜んでいる弱さを見つめ自覚する機会としましょう。

 今日の聖書箇所には次の言葉がありました。

「わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている」(ローマ7:19)。

 心の中にある善と悪のジレンマが語られています。私自身がこのジレンマに向き合い始めたのは15歳頃かと思います。自分の望まない悪に影響されることに激しく苦悶しました。善を望んで生きようとしても、悪を行ってしまうことに激しい自己嫌悪を抱きました。また、自分の中の問題を外に投げつけて、たくさんの人たちを批判し傷つけました。

 一方で、それでも善を望み、ジレンマを抱え続けることで、だんだんと自分の弱さを自覚し、弱さを操舵できるようにもなっていきました。自分の弱さと向き合う作業は苦しいものでもありましたが、いつも信仰が支えとなりました。

 ジレンマの苦しみを語るパウロも「私はなんと惨めな人間なのでしょう」と深く嘆いています。ただ興味深いことに、そう嘆いたすぐ後で「わたしたちの主イエス・キリストを通して神に感謝いたします」と感謝の言葉を告白しています。パウロもまた善悪のジレンマを嘆く経験を重ねる中で、神の忍耐・寛容・慈しみ・赦しを受け取ってきたのでしょう。

 善悪のジレンマは人格を成熟させます。自分の弱さを自覚する前の子どもには天真爛漫という美しさがありますが、同時にひどく残酷な一面もあります。一方で、自分の心の中にある悪・弱さ・罪といった問題に向き合い、嘆き傷つきながらも、善く生きることを望んで生き続けてきた人には成熟した美しさがあります。成熟した人は他者の心に寄り添う思いやりや慈しみ、感謝の心が豊かです。

 今、私たちは個人の人格においても、社会そのものにおいても成熟の好機に立っています。恐れに縛られず、弱さに流されず、最善を選び、成熟に向かいましょう。他者を思いやる心、互いに支え合う心、日常への感謝を新たにしましょう。

2020年4月19日の週報

コロナウイルス感染拡大を防止するため、教会に集うことができません。礼拝の式次第を掲載いたしますので、各ご家庭で共に賛美し祈りましょう!●

〇礼拝式次第 復活節第2主日
●亀岡礼拝(亀岡会堂) 午前10時30分
司会:片岡広明牧師 奏楽:HymnPlayer
前  奏
招  き  テサロニケ 第一 3:8
頌  栄  24(たたえよ、主の民)
主の祈り  (讃美歌93-5A)
使徒信条  (讃美歌93-4A)
聖  書  ヨハネによる福音書 20章19-31節 (新P.210)
祈  祷
讃  美  328(ハレルヤ、ハレルヤ)
説  教   「あなたがたに平和があるように」    
祈  祷  片岡広明牧師
讃  美  326(地よ、声たかく)
献  金  
頌  栄  27(父・子・聖霊の)
祝  福  片岡広明牧師
後  奏
報  告
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●船南礼拝(園部会堂)  午前10時30分
司会:宇田慧吾牧師 奏楽:今井恵一兄
前  奏  奏 楽 者
招  き  マタイ 28:5-7  司 会 者
頌  栄  24(たたえよ、主の民)
主の祈り  (讃美歌93-5A)
使徒信条  (讃美歌93-4A)
聖  書  ローマの信徒への手紙 7章7-25節 (新P. 282)               
祈  祷  司 会 者
讃  美  46(すべての人よ) 2回繰り返し
説  教  「人格の成熟・社会の成熟」
祈  祷  宇田慧吾牧師
讃  美  520 (真実に清く生きたい)
献  金  感謝祈祷   当  番
頌  栄  27(父・子・聖霊の)
祝  福  宇田慧吾牧師
後  奏  奏 楽 者
報  告
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〇次週予告


◇亀岡礼拝は会堂での礼拝は牧師と牧師家族のみで行い、他の方々には非公開とします。船南礼拝は牧師と出席可能な役員のみで行います。

〇お知らせ
◇新型コロナウイルス感染拡大防止のため、亀岡礼拝は非公開で牧師家族のみで行っています。船南は牧師と出席可能な役員のみで行います。礼拝順序を一部省いて時間を短縮して行います。この方法による礼拝は5月3日(日)まで継続します。この期間中は胡麻夕礼拝と須知礼拝は休止とします。5月10日(日)からは通常に戻す予定ですが、状況を見て判断します。木曜日の亀岡の祈祷会も4月中はお休みです。

◇3月の教会総会で承認された2020年度の主な行事予定(案)のうち、5月24日の創立(合同)記念礼拝は9月27日に園部での開催とします。6月7日教会総会当日の礼拝は各地区での礼拝の予定でしたが、亀岡合同礼拝に変更します。

教会に通わずに聖書を学びたい方のために No.14

宇田慧吾牧師

 今日は、ローマの信徒への手紙7章1-6節を読みます。

07:01それとも、兄弟たち、わたしは律法を知っている人々に話しているのですが、律法とは、人を生きている間だけ支配するものであることを知らないのですか。 07:02結婚した女は、夫の生存中は律法によって夫に結ばれているが、夫が死ねば、自分を夫に結び付けていた律法から解放されるのです。 07:03従って、夫の生存中、他の男と一緒になれば、姦通の女と言われますが、夫が死ねば、この律法から自由なので、他の男と一緒になっても姦通の女とはなりません。
07:04ところで、兄弟たち、あなたがたも、キリストの体に結ばれて、律法に対しては死んだ者となっています。それは、あなたがたが、他の方、つまり、死者の中から復活させられた方のものとなり、こうして、わたしたちが神に対して実を結ぶようになるためなのです。 07:05わたしたちが肉に従って生きている間は、罪へ誘う欲情が律法によって五体の中に働き、死に至る実を結んでいました。 07:06しかし今は、わたしたちは、自分を縛っていた律法に対して死んだ者となり、律法から解放されています。その結果、文字に従う古い生き方ではなく、“霊”に従う新しい生き方で仕えるようになっているのです。

 前回は「神に仕える生き方」と「罪に仕える生き方」の二つが紹介されていました。

 今回はその続きで、「罪に仕える生き方」から「神に仕える生き方」にどのように移れるのかが語られています。

 結論としては、キリストに結ばれて、古い生き方に死に、新しい生き方に生き始めるということが勧められています。

 「兄弟たち、あなたがたも、キリストの体に結ばれて、律法に対しては死んだ者となっています」

 キリストに結ばれて古い自分が死に、新しく生き始めるということは、前のところでも語られていました。

 今回はそれに加えて、「文字に従う古い生き方ではなく、“霊”に従う新しい生き方」と言っています。

 「文字」は律法のことです。かつてパウロは律法を真剣に守るあまり、他者を裁く不寛容や優越心に陥ってしまった経験がありました。

 キリストに結ばれることで、そういった自分に死に、「霊に従う新しい生き方」を始めました。

 「霊」は旧約聖書では「風」や「息」といった意味を持つ言葉です。

 旧約聖書の創世記には、神がこの世界や人を造った物語が書かれています。

 世界を造った時には「神の霊が水のおもてを動いていた」とあります。

 また、人を造った時には「土の塵で人を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた」とあります。

 旧約聖書には、「霊」や「神の息」によって、命を与えられるという描写が多くあります。

 パウロが「霊に従う新しい生き方」と言う時にも、神の霊・風・息によって命を受けるというニュアンスがあります。

 少し前の5章5節では「わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれている」と言っていました。

 「霊に従う新しい生き方」は、神さまから受け取る愛によって生きるということのようです。

2020年4月14日

教会に通わずに聖書を学びたい方のために No.13

宇田慧吾牧師

今日は、ローマの信徒への手紙6章15-23節を読みます。

06:15では、どうなのか。わたしたちは、律法の下ではなく恵みの下にいるのだから、罪を犯してよいということでしょうか。決してそうではない。 06:16知らないのですか。あなたがたは、だれかに奴隷として従えば、その従っている人の奴隷となる。つまり、あなたがたは罪に仕える奴隷となって死に至るか、神に従順に仕える奴隷となって義に至るか、どちらかなのです。 

06:17しかし、神に感謝します。あなたがたは、かつては罪の奴隷でしたが、今は伝えられた教えの規範を受け入れ、それに心から従うようになり、 06:18罪から解放され、義に仕えるようになりました。 06:19あなたがたの肉の弱さを考慮して、分かりやすく説明しているのです。かつて自分の五体を汚れと不法の奴隷として、不法の中に生きていたように、今これを義の奴隷として献げて、聖なる生活を送りなさい。 

06:20あなたがたは、罪の奴隷であったときは、義に対しては自由の身でした。 06:21では、そのころ、どんな実りがありましたか。あなたがたが今では恥ずかしいと思うものです。それらの行き着くところは、死にほかならない。 06:22あなたがたは、今は罪から解放されて神の奴隷となり、聖なる生活の実を結んでいます。行き着くところは、永遠の命です。 06:23罪が支払う報酬は死です。しかし、神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスによる永遠の命なのです。

 パウロは人生を生きていくうえで二つの道があると言います。

「あなたがたは罪に仕える奴隷となって死に至るか、神に従順に仕える奴隷となって義に至るか、どちらかなのです」

 二つの道は、「罪に仕える道」と「神に仕える道」です。

パウロはもちろん「神に仕える道」を勧めています。

そして、罪に仕えていた頃、どんな実りがあったか思い出してみてくださいと問いかけています。

 おそらく、良い実りがあったと思い浮かべる人は少ないのではないでしょうか。

もちろん、パウロは「分かりやすく説明」するために、話を単純化しています。

現実には、神に従って生きようと願っていても罪に縛られている部分がありますし、どんなに罪深い人の心にも愛があります。

現実は複雑ですが、人はどちらを望んで生きるかを選ぶことができます。

パウロは「神の僕」として生きようと誘っています。

2020年4月5日

新型コロナウイルス感染拡大への対策について(5/6更新)

新型コロナウィルス感染症への対策として、下記の通り対応します。

◆亀岡会堂
4月12日~5月31日まで礼拝を非公開とします。
この間の祈祷会もお休みとします。通常礼拝再開は6月7日です。

◆船南地区
園部会堂:5月10日から通常の礼拝を再開します。
胡麻は5月17日再開。
須知は5月26日再開。

詳細が決まり次第、随時情報を更新していきます。