《説教要旨》「キリストに結ばれて生きる」 ローマの信徒への手紙6章1-14節

宇田慧吾牧師

 先日、地域の青年と話す中で、親子関係から受けた心の傷に縛られていたことをようやく自覚できたという話がありました。彼は聖書に出会い、一人一人が尊い存在であるという神の愛を知ることで、そのような自分の気持ちに気づくことができたそうです。またその翌日、別の地域の青年との話の中で、親しい人との死別によって心にできた穴や寂しさは、自然の摂理として受け入れるだけでは癒されないと思うという話がありました。彼は聖書が語る永遠の命や復活を信じることで神が真実に癒してくれると話していました。

 確かに「心の傷」や「死別の空虚」は自覚や人間の力だけでは治癒できない場合もあるように思います。私も自分の心の中を見つめると、心を縛っている恐れや罪があることに気づきますが、自分の力だけではなかなか克服できないことがあります。

 そのような「心を縛る力」から自由になるにはどうしたらよいのでしょうか。パウロは「キリストと結ばれる」ことを勧めています。特にキリストの十字架と復活を共にすることを勧めています。パウロにとってそれは、罪に縛られた「古い自分」が死に「新しい命」に生き始めることでした。おそらくパウロにはキリストに出会って変えられた、新しくされた実感があったのでしょう。

 キリストに結ばれて一緒に生きようとパウロは私たちを誘っています。キリストと一緒に生きていきたいと私は思います。私の心を縛っている罪から自由にしてください、新しい命に生きさせてくださいと心から願います。

2020年3月24日 須知会堂

教会に通わずに聖書を学びたい方のために No.12

宇田慧吾牧師

 今日は、ローマの信徒への手紙6章1-14節を読みます。

06:01では、どういうことになるのか。恵みが増すようにと、罪の中にとどまるべきだろうか。 06:02決してそうではない。罪に対して死んだわたしたちが、どうして、なおも罪の中に生きることができるでしょう。
06:03それともあなたがたは知らないのですか。キリスト・イエスに結ばれるために洗礼を受けたわたしたちが皆、またその死にあずかるために洗礼を受けたことを。 06:04わたしたちは洗礼によってキリストと共に葬られ、その死にあずかるものとなりました。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中から復活させられたように、わたしたちも新しい命に生きるためなのです。 06:05もし、わたしたちがキリストと一体になってその死の姿にあやかるならば、その復活の姿にもあやかれるでしょう。 06:06わたしたちの古い自分がキリストと共に十字架につけられたのは、罪に支配された体が滅ぼされ、もはや罪の奴隷にならないためであると知っています。 06:07死んだ者は、罪から解放されています。 06:08わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、キリストと共に生きることにもなると信じます。 06:09そして、死者の中から復活させられたキリストはもはや死ぬことがない、と知っています。死は、もはやキリストを支配しません。 06:10キリストが死なれたのは、ただ一度罪に対して死なれたのであり、生きておられるのは、神に対して生きておられるのです。 06:11このように、あなたがたも自分は罪に対して死んでいるが、キリスト・イエスに結ばれて、神に対して生きているのだと考えなさい。
06:12従って、あなたがたの死ぬべき体を罪に支配させて、体の欲望に従うようなことがあってはなりません。 06:13また、あなたがたの五体を不義のための道具として罪に任せてはなりません。かえって、自分自身を死者の中から生き返った者として神に献げ、また、五体を義のための道具として神に献げなさい。 06:14なぜなら、罪は、もはや、あなたがたを支配することはないからです。あなたがたは律法の下ではなく、恵みの下にいるのです。

 前回は、罪を通って、恵みを受け取ることができるというメッセージでした。

 自分の罪に向き合わされる機会は苦しいものですが、その罪の自覚や経験を通って、恵みを受け取ることができますよとパウロの励ましが語られていました。

 そのような励ましに続いて今回は、その「罪に縛られず、恵みに押し出されて生きよう」というお勧めが語られます。

 まず始めに、前回のパウロの考えについて揚げ足を取る人がいたようです。罪を通って恵みを受け取れるなら、「恵みが増すようにと、罪の中にとどまるべきだろうか」と。

 パウロは「決してそうではない」と答えています。むしろ逆で、「恵みを知った人がどうして罪の中に留まることができるでしょうか」と問い返しています。

 そして、パウロの経験した恵みがどんなものであったかを語ります。

 パウロが経験した恵みは「キリスト・イエスに結ばれる」ことでした。

 「キリストと一つになる」「キリストと一緒に生きる」とも言えるでしょう。

 キリストと一緒に生きるようになるとありがたいことが色々ありますが、今回パウロは「一緒に死んで、一緒に復活する」ということを語っています。

 キリストの経験を自分の経験として共有するということです。

 共有しているのは、「罪に対して死に、神に対して生きる」ことです。

 前回の箇所でアダムの罪の話をしました。「神を恐れ」「責任転嫁」してしまうことでした。

 パウロ自身ふりかえってみると、律法を厳格に実践し、他者を裁いていた頃にはそういった罪に縛られて生きていたという自覚が生じたのだと思います。

 そのような自分は十字架でキリストと一緒に死んだ。

 そして、キリストと一緒に復活した。新しい自分として生き始めた。

 これら十字架と復活の出来事をキリストと一緒に通ることで、自分は新しくされたという実感がパウロにはあったようです。

 「恐れ」や「責任転嫁」に縛られて生きていた自分が神の愛を知り変えられた。

 そのような経験をしたパウロは、「自分自身を死者の中から生き返った者として神に献げ、また、五体を義のための道具として神に献げなさい」と勧めています。

 「恐れ」や「責任転嫁」といった罪をはじめ、深い悲しみの経験や心の傷は自分の力で治癒できないことがあります。

 それに縛られていることを自覚しつつも、自由になることできないのはもどかしいことかと思います。

 パウロは「キリストに結ばれる」ことで新しく生きることができますよと勧めています。

 キリストと結ばれ、一緒に生き始めることで、パウロは大きく変えられた人でした。

2020年3月22日

教会に通わずに聖書を学びたい方のために No.10

宇田慧吾牧師

 今日は、ローマの信徒への手紙5章1-12節を読みます。

05:01このように、わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、 05:02このキリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられ、神の栄光にあずかる希望を誇りにしています。 05:03そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、 05:04忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。 05:05希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。 

05:06実にキリストは、わたしたちがまだ弱かったころ、定められた時に、不信心な者のために死んでくださった。 05:07正しい人のために死ぬ者はほとんどいません。善い人のために命を惜しまない者ならいるかもしれません。 05:08しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました。 

05:09それで今や、わたしたちはキリストの血によって義とされたのですから、キリストによって神の怒りから救われるのは、なおさらのことです。 05:10敵であったときでさえ、御子の死によって神と和解させていただいたのであれば、和解させていただいた今は、御子の命によって救われるのはなおさらです。 05:11それだけでなく、わたしたちの主イエス・キリストによって、わたしたちは神を誇りとしています。今やこのキリストを通して和解させていただいたからです

①「苦難をも誇りとします」

 パウロは二つのことに誇りにしています。

 一つは「神の栄光にあずかる希望」、もう一つは「苦難」です。

 なぜ「苦難」を誇りとするかと言うと、「苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生む」からです。

 確かに、苦難を経験することで体得できる心の成長や人生の深い学びがあるように思います。

 パウロはそういった苦難を経て獲得した希望は人を裏切らないと証言しています。

 また、そのような希望を持って生き始めると「神の愛がわたしたちの心に注がれている」経験をします。

②キリストの死によって神の愛が示された 

 イエス・キリストは自分のために苦難を引き受けてくれたという実感がパウロにはあります。

 その苦難は「死」であり、引き受けてくれたのはまだ自分が「弱かった」「不信心」「罪人」だった時だと言います。

 自分がまだキリストの想いを理解していなかった時に、キリストは自分のために死の苦難を引き受けてくれたとパウロは受けとめています。

 そして、このキリストの死によって、神はわたしたちに対する愛を示しました。

③「キリストを通して和解させていただいた」

 パウロはイエス・キリストが十字架で命を捧げたことによって、神と人との和解が実現されたと受けとめました。

 ユダヤの人たちは神に感謝を表わしたり赦しを求めたりする時に羊や牛など動物の命を捧げていました。

 パウロもユダヤ人としてそのような慣習の中に生きていました。

 そしてパウロは、イエス・キリストが十字架上で命を捧げたという出来事を神への供え物として理解しました。

 その犠牲によって、罪のもとにある人間が義とされ、神と人とが和解し、人は神の怒りから救われたとパウロは表現しています。

 現代の私たちは、パウロの前提としている慣習とは異なる世界観のもとに生きていますから、ここでのパウロの表現をスムーズに理解するのは難しいかもしれません。

 ただ、表現は複雑でも、メッセージはシンプルです。

 パウロが伝えようとしているのは「キリストの十字架によって私は救われた」ということです。

 この点については、受け取る側の時代や地域が異なっても、パウロと同じ経験を受け取ることができます。

 今この時代に生きている私たちも「キリストの十字架」に向き合うことで救いを受け取ることができます。

2020年3月8日

教会に通わずに聖書を学びたい方のために No.9

宇田慧吾牧師

 今日は、ローマの信徒への手紙4章13-25節を読みます。

04:13神はアブラハムやその子孫に世界を受け継がせることを約束されたが、その約束は、律法に基づいてではなく、信仰による義に基づいてなされたのです。 04:14律法に頼る者が世界を受け継ぐのであれば、信仰はもはや無意味であり、約束は廃止されたことになります。 04:15実に、律法は怒りを招くものであり、律法のないところには違犯もありません。 04:16従って、信仰によってこそ世界を受け継ぐ者となるのです。恵みによって、アブラハムのすべての子孫、つまり、単に律法に頼る者だけでなく、彼の信仰に従う者も、確実に約束にあずかれるのです。彼はわたしたちすべての父です。
04:17「わたしはあなたを多くの民の父と定めた」と書いてあるとおりです。死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在させる神を、アブラハムは信じ、その御前でわたしたちの父となったのです。 04:18彼は希望するすべもなかったときに、なおも望みを抱いて、信じ、「あなたの子孫はこのようになる」と言われていたとおりに、多くの民の父となりました。 04:19そのころ彼は、およそ百歳になっていて、既に自分の体が衰えており、そして妻サラの体も子を宿せないと知りながらも、その信仰が弱まりはしませんでした。 04:20彼は不信仰に陥って神の約束を疑うようなことはなく、むしろ信仰によって強められ、神を賛美しました。 04:21神は約束したことを実現させる力も、お持ちの方だと、確信していたのです。 04:22だからまた、それが彼の義と認められたわけです。
04:23しかし、「それが彼の義と認められた」という言葉は、アブラハムのためだけに記されているのでなく、 04:24わたしたちのためにも記されているのです。わたしたちの主イエスを死者の中から復活させた方を信じれば、わたしたちも義と認められます。 04:25イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです。

 三つのポイントに着目します。

① 律法ではなく信仰

 かつてのパウロは、律法を守ることによって救われると考えていました。けれども今は、神への信頼によって救われるという考えに変えられました。

 パウロにとって律法を守ることは単に「正しい生き方」というだけではありませんでした。

 それは「義なる生き方」でした。平たく言えば、神が「よし」とする生き方でした。

 そのパウロの理解は間違いではないのですが、パウロは義なる生き方を実践する中で自尊心や高慢、他者を裁く心を膨らませてしまったことが間違いでした。

 パウロ自身、その間違いに気づいた時、自分も完全に義なる生き方ができているわけではないことに気づきました。

 つまりは、自分の罪に気づきました。

 聖書では「義」と「罪」が対義語です。

 そしてパウロは自分の罪に気づいた時、そういう自分を忍耐し、寛容に向き合い、赦してくれている神に出会いました。

 その時、パウロの価値観が変わりました。

 今までは義なる生き方をすることで救われると考えていましたが、救いを経験してからは、自分の罪を認め、その罪を赦す神に信頼することで「義とされる」という考えに変えられました。

 

② 価値観が変わると、全てが違って見える

 パウロは前回に引き続きアブラハムの話をします。

 一見すると、「神を信頼する模範生」の例としてアブラハムを挙げているように見受けられます。

 けれども実際には、パウロがここで語っているのは、パウロの中のアブラハム像の変化です。

 パウロは神を信頼することで救われるという価値観に変えられることでアブラハムという人の捉え方が変わりました。

 パウロはアブラハムについて次のように語っています。

アブラハムは
「存在しないものを呼び出して存在させる神」を信じた
「希望するすべもなかったときに、なおも望みを抱いて」信じた
「神は約束したことを実現させる力も、お持ちの方だと、確信していた」
そして、「それが彼の義と認められた」。

 アブラハムは律法の実践によって義とされたのではなく、神への信頼によって義とされたという点にパウロは気づかされました。

 おそらくかつてのパウロは「律法の実践者」としてアブラハムを尊敬していたのでしょう。そして、そのようなアブラハムを自分の模範として据え、熱心にそのような生き方に打ちこんでいたのだと思います。

 けれども、パウロは自分が変えられることで、アブラハムという人物の見え方も変わりました。

 

③ 主イエスを復活させた神を信頼する

 「神を信頼することによって義とされる」のは、パウロやアブラハムだけでなく、わたしたち皆に当てはまることだとパウロは続けます。

 そしてパウロは、アブラハムが「存在しないものを呼び出して存在させる神」「約束したことを実現させる力もお持ちの方」を信頼したように、私たちは「主イエスを死者の中から復活させた方」を信頼するように勧めています。

 要するに、神を信頼してくださいと勧めているのですが、その神というのは十字架で死んだ主イエスを復活させた方なのだと言い添えています。

 「主イエスを死者の中から復活させた方」と言われても聖書を読み始めたばかりの方にとっては理解が難しいと思います。

 ただここでは、主イエスが十字架で死に復活した出来事は、聖書のメッセージを受け取るうえでとても重要なのだということを知ってくだされば大丈夫です。

2020年3月1日