説教要旨「新しいぶどう酒は新しい革袋に」ルカ5章38節

2月3日説教要旨【亀岡会堂・片岡牧師】
「新しいぶどう酒は新しい革袋に」ルカ5章38節

 「新しいぶどう酒は新しい革袋に」とはイエスがお語りになった言葉の中でも最も知られている言葉のひとつですが、イエスの言葉であるということを知らずに使っている人もいるでしょう。社会の中に新しいものが生まれる時には、新しいものを受け入れる心構えと、古いものを思い切って捨てる覚悟とが必要だというような意味での用いられ方をされると思います。新しい社会の仕組みや新しい技術、たとえば、鉄道や自動車が世の中に現れた時、「わたしはこれからもずっと馬に乗る!」とか「わたしはかごに乗る」と言っても、そんなことはできません。戦争に敗れて新しい平和な民主主義の時代を迎えた時、「どこまでもわたしは武器を持って戦うのだ」と抵抗しようとしてもそんなことはできないのです。古いものを引きずっていては、新しい時代に生き残ることはできないのです。

 イエスがこの言葉をお語りになった背景には、古いユダヤ教からの脱却という動機が働いていたと思います。具体的には、断食をめぐる問答がイエスと人々との間で起こったのです。ユダヤでは悲しみの時、嘆きの時、罪を犯した時などに、欲を断ち、心を神に向けることに集中し、罪を悔い改めて祈りに専念するために断食が行なわれました。

 しかし罪の悔い改めと言っても、どこまで断食をして祈れば、人間が改まるのでしょう。まことの救い、完全な救いが実現されなければ、どこまで行っても悔いるばかりで、ちっとも改まることがありませんが、メシアであり神の子であるイエスは、どんな人でも真の悔い改めに至らせるまことの救いの道を開くためにこの世に来て下さったのです。イエスと弟子たちとの関係においては、師と弟子の関係を越え、メシアとその救いに与る者という新しい人間のありようがそこに実現されているのです。

2/23(土)そのべまちゼミナール@園部会堂のお知らせ

第9回 『そのべ まちゼミナール』 に丹波新生教会も参加します!

〇修道士ドン・ペリニョンの人生と試飲会〇
日 時:2月23日(土)14:00~15:30
会 場:丹波新生教会 園部会堂
申込先:0771-63-0165(園部会堂)
「ドン・ペリニョンは貧しい人々を愛し、よきワインをつくった」そんなことわざがあるそうです。シャンパン製造に献身した修道士の人生と実りを味わいます。

そのべまちゼミナールへの参加は4回目です。以前もワインの試飲会や、子ども向けに夏休みの宿題会などを開催し、地域の皆さんに来て頂きました。(まちゼミとは?詳しい情報はこちらから)

教会に親しんでもらえるイベントとして、今回も良い地域交流の場となれば幸いです。

XmasコンサートのTV放送日&動画公開!

先月行われたコンサートの様子が南丹ケーブルTVで放送されることになりました!
◆井尻有香さんアドベントコンサート◆
日 程:2月6日(水)~2月8日(金)
番組名:市民の情報ひろば
放送時間帯:朝9時半、昼14時30分、夜23時30分、時間枠にて。30分程度。
◆「ル・スヴニー」クリスマスコンサート◆
日 程:2月9日(土)~2月12日(火)
番組名:市民の情報ひろば
放送時間帯:朝9時半、昼14時30分、夜23時30分、時間枠にて。30分程度。

※テレビの視聴ができない方はおなじ日の同時刻にインターネットライブ配信でスマホやパソコンから見ることもできます。ライブ配信はこちらから。

コンサートを撮影して下さったのは京都府南丹市を拠点に活動されているTambaMuseumWorks(タンバミュージアムワークス)さん。タンバミュージアムワークスさんは、もともと地域にあった「美しい音のうまれる泉(建物&場所)」にネットワークをはりめぐらせ、再び光をあてる試み(コンサートの企画)を精力的に実験しつづけている映像作家の皆さん達です。Youtubeにて動画が公開されていますので、そちらをご覧いただくことも可能です^^是非チャンネルをチェックしてみてください!

23日に来て頂いたル・スヴニーさんは南丹市の子育てサークルのひとつです。メンバー募集中とのこと、興味のある方はこちらもチェック!

改めて、コンサート開催にご協力いただいた皆さんに感謝です♪

12/24(月)のキャンドルライトサービスは少し厳かな雰囲気

クリスマスイヴは18時から燭火讃美礼拝(キャンドルライトサービス)を守りました。ろうそくの灯りをもとに、イエスさまの生誕物語を聖書から読み、讃美歌を歌って喜びを分かち合いました。

ろうそくを灯し、厳かな雰囲気の礼拝堂
ミニろうそくで手元を照らします
礼拝後はケーキでティータイム♪

お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。

12/23(日)は礼拝・コンサート・映画会と盛り沢山

12月23日は各教会でクリスマスの礼拝が行われたことと思います。
園部会堂のクリスマスは、礼拝後に教会員の皆さんと祝会、午後から老人ホームへのキャロリング、地元ママさん合唱団によるコンサート、その後映画鑑賞会と盛り沢山でした。その一部をお届けします。

クリスマスはご家族で教会に来られる方が多いです。礼拝後は手作りハッシュドビーフと持ち寄りのおかず&デザートでお祝い♪

その後有志10名ほどで八木の老人ホーム2か所でキャロリング。「きよしこのよる」「まきびとひつじを」「もろびとこぞりて」を歌わせていただきました。

16時から「ル・スヴニー」さんがクリスマスコンサートに来てくださいました!子どもも一緒の和やかなコンサートで、パワフルな歌声が礼拝堂に響きました。

手作りの色紙(歌詞カード)とお菓子を頂きました♪
地元ママさんの歌声と結束力に元気づけられるのでした。

その後、地元の方の協力で礼拝堂は映画館に…クリスマスといえば、の「ホームアローン」をみんなで鑑賞した後、ビンゴ大会を楽しみました。

とっても賑やかな一日でした。教会にお越しいただいた皆さん、コンサートなどにご協力いただいた皆さん、ありがとうございました!

12/21(金)坊主牧師バーの様子

年末にCocoCan@新屋さんで催された牧師バーの様子を少しだけ…今回はのべ15名ほどの方にお越しいただきました。教会の外のイベントなので、地域の方がふらっと立ち寄ってくださることも。今回も半数近くが地域の方でした。教会に親しんでもらえるイベントとして、今後も継続できたら幸いです。ご参加いただいた皆さん、お料理の提供などいつも支えてくださる皆さん、ありがとうございました!

気まぐれ坊主定食、今回は「かぼちゃシチューと生ハムバケット」でした。
おつまみは教会員の方が提供くださいました。他におにぎりや豚汁も♪
坊主牧師がリクエストにお応えしてお酒を作ります!

インスタグラムにもこの日の様子を掲載しています。日々の写真はこちらをチェック!

説教要旨「聖霊と火」ルカによる福音書3章15-22節

1月8日説教要旨【須知会堂・宇田牧師】
「聖霊と火」ルカによる福音書3章15-22節

 Iさんのところは年末年始はいかがでしたか(^^) ・・・ご家族が集まられて忙しく、お疲れになった。それはお疲れさまでした。その気持ちぼくもよ~く分かります。ぼくも大晦日は教会の青年9名とスイス人の牧師で年越しして、元旦も同じメンバーでお節を食べたりしました。みんなで過ごす時間は楽しいですけど、お料理とかあれこれの準備とか、いつもと違う生活のリズムになって、やっぱり疲れ果てますよね(^_^;) また、身体や心が疲れている時は、人との関わりも感情の起伏を抑えるので精一杯だったりします。

 そんな中でも、よかったな~と思うこともあって、この前の日曜日なんかはいろんな方が気遣って助けてくれました。自分が弱っている時に支えてくれる人がいる、本当にありがたいことです。感情的には「ごめんもう無理」でしたけど、自分の心をのぞいてみると「感謝しなきゃな」という気持ちも、ちゃんと隅っこに座っている。心が弱っている時にも、そういう気持ちを持ち続けられるのは、神さまのおかげかなと思います。

 この一年も神さまとの心の繋がりを大切にすごしたいです。「聖霊と火」をキリストから受け取りましょう。聖霊は神さまとの心の絆です。わたしたちの心と神さまの心を結びつける力です。そして火はわたしたちを成長させてくれる力です。わたしたちの心には自分の力では克服することの難しい思い上がりやわがまま、かたくなさ、幼さもあります。そんなところも神さまがちゃんと整えて、成長させてくれます 。

年末年始の一コマ。紅白を見ながら…

12/16(日)アドベントコンサートの様子

12月16日(日)園部会堂にてアドベントコンサートが催されました。
歌は声楽家の井尻有香さん、奏楽は黒田知子さんです。クリスマスを待ち望む歌からキリストを迎える喜びの歌へと、ストーリー性のあるプログラムをご用意いただきました。ドイツの曲から「アヴェ・マリア」など有名な曲、途中は子どもが好きな冬の歌をみんなで歌う場面も♪あっという間の一時間でした。

子どもから大人まで、礼拝堂がいっぱいに!
歌は胡麻みとき屋の井尻さん、奏楽はご近所の黒田さんです
「雪」や「たき火」など冬の歌は会場みんなで歌いました♪
歌声はもちろん笑顔も素敵な井尻さん
最後は「第九」をドイツ語で。盛り上がりました!

当日は地域の方が多く70名近い方にお集まりいただきました。アドベントをみんなで楽しめる素敵なひと時でした。井尻さん、黒田さん、音響や撮影にご協力いただいた皆さん、お越しいただいた皆さん、ありがとうございました!

ちなみに、当日の様子は南丹TVで2月頃放送予定だそうです。詳細がわかりましたらまたお知らせいたします。

説教要旨「不安と喜び」マタイによる福音書2章1-12節

12月30日説教要旨【亀岡会堂・片岡牧師】
「不安と喜び」マタイによる福音書2章1-12節

 2018年は豪雨や地震、台風などの災害が多かった一年でした。国内外の社会情勢も大きく揺れ動いた一年でした。多くの人々が不安を感じつつ過ごした一年であったと思います。そんな中でわたしたちは教会に集い、イエスにつながる者として日々、神様のみ言葉を心に留め、主を証しする歩みを心がけてきました。私たちの歩みを神様が守り導いて下さいました。教会の交わりを通じてわたしたちは出会いと交わりをもち、少しずつ深めてまいりました。

 先週のクリスマス礼拝と祝会の後、なかなか教会に来ることのできない高齢の会員の方をお訪ねできることになり、数名の有志の方とキャロリングに行くことができました。『きよしこの夜』を歌い、祈りをささげました。神様が用意して下さった出会いに感謝しました。共に主イエスを信じ仰ぐ者として心を寄せ合って祈りを共にすることがいかに深い喜びと慰めをわたしたちにもたらすことであるか、改めて教えられた思いがいたしました。

 クリスマスの降誕物語のひとつに、東方の博士たちの来訪があります。占星術をするこの人たちは、救い主の降誕を知らせる星を見て、はるばる旅をして来たのです。しかし救い主の誕生を喜ばない人たちもいました。権力者たちの殺意が燃え上がる中、救い主に望みをかけた三人の博士たちは星に導かれてついに幼子イエスとの出会いへと導かれていくのです。  危険を冒してもメシアを訪ねる旅を続けた博士たちの信仰は何と深く厚いものであったことでしょうか。主の恵みに望みを抱いて進んでいく者を、主なる神は喜びの出会いへと導いて下さるのです。間もなく一年が終わりますが、これまでの主の豊かな恵みを感謝し、望みをもって新しい年を迎えていきたいと思います。

Happy New Year!と言いつつ教会はまだクリスマス

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は多くの出会いに恵まれ、沢山の方々にお世話になりました。いつもお支えいただいている皆さん、ありがとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

と挨拶を交わす我々の後ろには、まだクリスマスの装飾が…別に大掃除をサボっているわけではありません^^;ちゃんと理由があります。
実は旧暦のクリスマスは1月6日なんだそう。ですので、多くの教会では12月25日から1月6日までをクリスマスの期間としてお祝いします。また、1月6日はイエスさまが公にお披露目された日、ということで公現日と位置付けられています。

ちょうどスイスからインターンに来られているマヤ牧師からも公現日について伺う機会がありました。マヤ牧師曰く、1月6日は東方の三博士がイエスさまの元に到着した日なんだとか。スイスでは東方の三博士のパン (Dreikönigskuchen)という伝統の菓子パンがあり、パンに入っている小さな王様のフィギュアを当てた人が一日王様になれるんだそう。ちょうど日本の三色パンのような、何玉かにわかれたパンの上に王冠を載せたもので…詳しくは画像検索してみてください。笑
文化が違うと色々なお祝いの仕方があり、面白いですね。

さて、年始行事の記事にも追記しましたが、今月の亀岡朝祷会は15日(火)10:30~です。ご興味のある方は是非ご参加ください。

本年も皆さんにとって恵みに満ちた一年になりますように。