《説教要旨》「互いに愛し合いなさい」ヨハネによる福音書15章12-17節

宇田慧吾牧師

 教会には一つのおきてが与えられました。「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい」。このおきてを実践する人にキリストは「わたしの友」と呼びかけます。友にもいろんな種類がありますが、ここでの友は同じ苦労を共にする仲間です。「互いに愛し合う」というおきてを実践しようとする人は、時にはその難しさを、時には心に深い痛みを引き受けることを経験します。そのような痛みを引き受ける人にキリストは友と呼びかけます。

 わたしはキリストのその呼びかけを受けとめる時、自分が友と呼ばれるにふさわしいか考えてしまいます。「互いに愛し合いなさい」というおきてに生きたいと願ってはいても、うまく守れている自身が持てないからです。そんな気持ちを話していたら、今日の園部の礼拝では涙が止まらなくなってしまいました。でも、そんな自分に向けてキリストは「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ」と言います。このおきてに生きる者としてキリストが私たちを選んだことを私は信じます。私のことだけでなく、今ここに集められている教会の一人一人をキリストが選び、出会わせ、「互いに愛し合いなさい」というおきてを実践させようとしていることを私は信じます。

 また、キリストは「実を結び、その実が残るように」私たちを任命しました。「任命する」の原語はシンプルには「置く」という意味です。私たちは「互いに愛し合いなさい」というおきてを実践する者として、今自分がいる教会に、家庭に、職場に置かれました。ちゃんと実を結ぶように神さまがこの場所、この私を選んでくれたことを私は信じます。

2019年5月19日 胡麻会堂

≪主の祈りの学び≫6「みこころの天になるごとく 地にもなさせたまえ」

宇田慧吾牧師

 原文の順番で訳すと「実現されますように、あなたの御心が、天
におけるように地においても」となります。「御心」という言葉は
「神の意志、判断、願い」という意味の言葉です。

 手塚治虫の名作の一つに『リボンの騎士』がありますね。天使の
いたずらで男の子と女の子の心をもって生まれた王女サファイヤが
恋や宿命に奮闘する物語です。いたずらをした天使チンクは天の父
の命令で、サファイヤから男の心を抜き取るために地上に遣わされ
ます。天の父のおつかいを果たすために奮闘するチンクの姿は「地
にもなさせたまえ」という祈りのイメージに重なるところがありま
す。

 むかしイタリアを旅行していたときに、電車でシスターに席を譲
ったら、‛You are like an angel’「あなたは天使みたいな人ね」
と言われたことがあります。天使は空を飛べて超自然的な力で働く
存在というだけでなく、天の父の願いをこの地上に実現する人のこ
とでもあります。

 「御心の天になるごとく、地にもなさせたまえ」と祈るとき、ぜ
ひ「わたしが天使として用いられ、神様の願いがこの地上にも実現
されますように」そんなイメージを持っていただきたいのです。

 これはわたしが勝手に言っているのではなくって、伝統的な解釈
なのです。ハイデルベルク信仰問答ではこの祈りについて「自らの
持場と職を、天にいるみ使いのごとく、喜んでまた忠実に、つとめ
る者とならせてください」と書かれています。「自らの持場と職」
は地にあるということが重要です。そして、そのわたしが立たされ
ている場所で天使として働くことが期待されています。

「あなたはきっと わたしの天使
わたしもそっと だれかの天使」

 そんな「きっと」「そっと」感がポイントです。わたしたちが気
づかないときにも、わたしたちはお互いにとって天使なのです。

《礼拝の聖書箇所から》ヨハネによる福音書6章34-40節

宇田慧吾牧師

 昨日、家庭集会で断食についての話題がありました。聖書には時々、断食の話が出てくるのですが、断食ってなんのためにするんだろうね、と。その日のバイブルディスカッションを準備してくれた方がレジュメに書いてくれていた解説には「断食をすることには、私たちを神に近づける目的もあります」と書かれていました。もう少し引きつけて言うと、全てが満ち足りている時には神さまを忘れがちになりやすいから、飢えを経験することで、いただいている恵みを思い出すといったところでしょうか。
 現代の日本における最大の試みは豊かさだと言った人もいます。格差や貧困問題がある一方で、今の日本が過剰に物に溢れていることも事実かと思います。そのような物質的な豊かさが私たちの心をいつも満たしてくれるわけではないということは、当然のことでありながら、つい忘れがちになることでもあるように思います。ごはんを食べなければ飢えるのと同じように、心の糧を得なければ心は虚しくなります。もし人との温かい交流や感謝の心、思いやり、素朴な喜び、そういった心の糧がなければ、その日ごはんを食べなかったのと同じように心は飢えてしまいます。

 キリストは「わたしが命のパンである」と言いました。キリストは私たちに必要なその心の糧です。私たちはそれぞれ心を元気にする方法を持っています。好きな物を食べるとか、趣味に興じるとか、とにかく寝るとか。そのような余暇活動はもちろん心をリフレッシュさせる良いものです。でも、心を満たす糧かというと、また違うように思います。人の心を満たす糧は、余暇に比べれば、地味でささやかなものかもしれません。けれども、生きるためには食べなければいけないのと同じように、また時には心のリフレッシュが必要なのと同じように、生きるためには心を満たす糧が必要です。その心の糧とは何なのかをキリストは私たちに気づかせたり、思い出させたりしてくれます。

 今日はヨハネ福音書を読んでいますが、ヨハネ福音書には何度も繰り返し出てくる言葉があります。「わたしが来たのは、自分の意志を行うためではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行うためである」。今日の聖書箇所にも出てきていました。キリストが私たちに教えてくれる第一の心の糧は「神の御心に生きること」です。神の御心はシンプルです。神さまに愛されていることを喜ぶこと。神さまが私を愛してくれたように、人を愛すること。神さまが私を赦してくれているように、人を赦すこと。感謝を持って生きること。などなど。
 キリストは「わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」と言いました。人生の途中には、心の飢えを経験することや心が渇く時もありますが、キリストの側にいれば大丈夫です。

 最後に、昨日の家庭集会で聞いた福音をおすそわけします。集まりの最初に、最近あった嬉しかったことを一人ずつ報告するのですが、特に一人の方の話が印象的でした。その方は先月手術を受けました。術後も体の痛みがあって、そういう中でなかなか祈ることができなかったそうです。こういう時こそ祈りをもちたいと思いつつ、祈りを持つことができない苦しさをすごされました。けれども、昨日こんな本の言葉に励まされたそうです。
 「絶望的な状況にいるとき、神様からのメッセージは「強く、また雄々しくあれ」(ヨシュア1:6)というものではありません。神様はあなたの中で力も勇気もつきてしまったことをご存知なのですから。代わりに神様は優しくこう言われます。『静まって、わたしこそ神であることを知れ』」。
 祈ることができない時、心が虚しくなる時、心が渇く時、こういう時が与えられるのは神さまを知るためです。神さまは私たちの心が満ちているのか、飢えているのかをいつも知ってくれていて、必要な時に心の糧をくださいます。

キーワード:「心の糧」
      「神の御心に生きる」

2018年5月12日 園部会堂

≪主の祈りの学び≫5「み国を来たらせたまえ」

宇田慧吾牧師

 同志社の学生さんたちと週に一度、読書会をしています。いつもは5人ほど集まるのですが、先日は夏休み中だからか、わたしともう一人しか集まりませんでした。その方と話しながら内心「今日は二人かぁ…」なんてしょげていたのですが、だんだんと深い話になり、最後には「二人で話せてよかった~~!!」という気持ちになりました。

 「せっかくこういう出会いを与えられたから、何かよい実りになるように形にしていきたいですね」と言おうと思っていたら、その方が先にそう言いました。気持ちが一つになる瞬間、この人と出会えてよかったと心から感じる時、いいですよね。

 「実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ」ルカ17:21

 「神の国は言葉ではなく力にあるのですから」Ⅰコリ4:20

 キリストは「ほかの町にも神の国の福音を告げ知らせなければならない」(ルカ4:43)と言って、あちこちに足を運びました。キリストが来て、人々と出会い、福音を告げる場所は、たちまち「み国」となったことでしょう。

 キリスト者のいる場所、そこが「み国」とされていくように「み国を来たらせたまえ」と祈ります。そんな大層なことわたしにはできませんという声が聞こえてきそうですが、働きや存在感は小さくてもいいのです。むしろ小さい方がいいのです。

 「神の国は…からし種に似ている。人がこれを取って庭に蒔くと、
 成長して木になり、その枝には空の鳥が巣を作る」ルカ13:19

 「神の国は…パン種に似ている。女がこれを取って三サトンの粉に
 混ぜると、やがて全体が膨れる」ルカ13:21

 讃美歌第二編の人気ソングの一つに「ちいさなかごに」があります。小さなかごに花をいれて寂しい人に贈れば、花の香りが部屋に満ちて心を明るくするでしょうという歌ですが、サビは「愛のわざは小さくても 神の御手が働いて~♪」でした。小さなことでいいのです。「み国が来ますように」と祈りながら、小さな働きをささげましょう。

《礼拝の聖書箇所から》ルカによる福音書24章36-43節

宇田慧吾牧師

 昨日は記念会があって、そのお宅がキリスト教と接点を持つようになった時のことをふりかえりました。今回の記念会で偲んだ方の祖父にあたる方が、近所の人たちと囲碁をしていたそうです。その中にお坊さんと牧師もいて、そこで牧師と接するうちに、洗礼を受けたいと思うようになりました。その方はお坊さんの所に行って、洗礼を受けたいけどよろしいですかとお伺いをたて、お坊さんも許してくださり、洗礼を受けたそうです。小さな集落でのことでもあったので、その後もお寺との関わりも丁寧にお続けになり、その結果、そのお寺の鐘には卍と十字架が並んで刻まれているそうです。

 「平和があるように」とキリストは言いました。和を保つことの大切さは、誰もが認めることですが、実際にそれを実践するのは簡単でない時もあります。互いに善意をもって関わっている時でさえ、心がすれちがったりすることも珍しいことではないと思います。

 キリストは「平和があるように」と言った後、自分の手と足を見せました。十字架にかかって復活した後の場面ですから、その手と足には釘打たれた跡があったことでしょう。この手足の穴は、神が人と和を保つためにご自身が深く傷つくことを選んだ印です。

 人と和を保とうする時には、忍耐が求められますし、深く傷つくこともあります。それは本当にしんどいことでもあります。お恥ずかしいことに、私自身はそのような時、心の壁をつくって他者を遠ざけたり、相手を責める言葉を心に並べて、自分の心を守ることしかできないことも少なくありません。和を保つため、ご自身が傷つくことを選んだキリストの僕として、私は神さまに申し訳ないと思います。

 いつも常にというのは難しいかもしれませんが、大切な時、ご自身が傷つくことを選んだキリストの生き方に思い起こしたいと思います。

キーワード:「平和があるように」
      「手と足の傷」
      「和を保つため自分が傷つくことを選んだ」

2019年5月5日 園部会堂

≪主の祈りの学び≫4「願わくは御名をあがめさせたまえ」

宇田慧吾牧師

主の祈りは6つの祈りで構成されています。前半の3つは神のための祈り。後半の3つは人間のための祈りです。その全体の前後に呼び かけと頌栄があります。

神のための祈りの一つ目が「願わくは御名をあがめさせたまえ」です。日本語の「あがめる」には「①きわめて尊いものとして敬う ②大事に扱う」の意味がありますが、この意味だけでは聖書の意味するところを十分に表してはいません。

原語を直訳すると「あなたの その 名前が 聖とされるように」です。英語では‛may your name be treated as holy’と訳されます。

「聖」‛holy’がキーワードです。まず第一に「聖」は「清い」と いう意味ではありません。「清い」は汚れなく美しいことですが、ここでの「聖」はそういった意味とは異なります。

「聖」は「区別する」という意味で、神と人を「別扱いする」こ とです。つまり、神と人間とを混同しないで、神は、神として、神 らしく扱うことです。

「願わくは御名をあがめさせたまえ」では、「御名をあがめさせ てください」と神に願うわけですから、わたしたちが謙虚に気をつけて神と人とを区別するということではありません。天の父ご自身がその区別をはっきりと示してくださいという祈りです。

話は変わりますが、教会にはインフレがあると言われます。言葉のインフレです。神の御名が乱用され、いちじるしく価値を失っている。使い古された紙幣のようにぞんざいにあつかわれ、垢がつき、べとべとになっている、と。

あまり批判的に受け取らなくても、わたしたちの言葉では天の父 を語りつくすことはできないという意味では、その通りだと思います。神と人とをはっきりと区別するのは、天の父ご自身です。キリスト者は福音を伝えるために語り働きますが、同時にいつも沈黙しているのがよいのです。人を天の父に出会わせ、人を救い、人に御名をあがめさせるのは、天の父ご自身なのですから。

《説教要旨》「下り道で気づく」ルカによる福音書24章13-35節

宇田慧吾牧師

 人生の大切な出会いは、いつも「下り道」にあったように思います。 以前、あるセミナーで講師の方が、自分の経歴を紹介した後、「裏経歴」 を話しました。(表?)経歴は東大卒、有名企業に就職、結婚、起業で成功。 一方、裏経歴は、浪人生活、リーマンショックの影響で解雇、離婚、借金。 それから彼は「裏経歴の経験が私を成長させてくれました」と語っていまし た。  人生の中の成功や輝かしい経歴は、もちろん人に自信や喜びを与えてくれ る良いものです。一方、人には隠しておきたい裏経歴もまた、場合によって は人生への深い気づきや真の意味での成長を人に与えてくれるものでもあり ます。

 聖書に描かれる人々も、成功や充実といった「上り道」ではなく、失意や 行き詰まりといった「下り道」で神に出会っています。今日の聖書の物語に 描かれている二人も同じでした。

 この二人が「上り道」でキリストにかけた期待は「力ある王」「勝利」で した。一方、「下り道」で彼らが気づいたのは、どんな時も変わらずキリス トが一緒にいてくれることでした。

 彼らが経験した通り、キリストは「下り道」を歩いている人の側に来て、 一緒に歩き、一緒に語らい、一緒に食事をして、心の目を開きます。二人の 心の目が開いた時、キリストの「その姿は見えなくなった」そうです。その 理由は、もう見えなくても大丈夫だからと言われます。

 私たちが「下り道」を歩く時、キリストが来てくれます。一緒に歩いてく れます。そして、心の目を開いてくれます。

2019年4月28日 園部会堂

≪主の祈りの学び≫3「天にまします我らの父よ」

宇田慧吾牧師

 主の祈りの最初の呼びかけは「苦悩に満ちた溜息と深い苦しみの中からの叫びとなり、同時に最後の希望となる」。 V.リュティ

 最後の希望となるのは、それが天への呼びかけだからです。天はわたしたちの心ではありません。天はわたしたちの外側にあります。 主の祈りがまず最初にわたしたちにさせることは、天に目を向けさせることです。自分を見つめることではなく、天を仰ぐことです。天にはわたしたちよりも視野が広く、配慮に富んだ父がいます。その父がわたしたちよりもはるかに行き届いた形で、万事を取り計らってくださっています。

 主の祈りが「我らの」祈りであることは幸いなことです。それはつまり、主の祈りは「我」の祈りではないということです。教会はキリストに招かれた人たちの共同体です。そこにはいろんな人がいます。考えが合う人も合わない人もいます。親切な人も不親切な人もいます。人と一緒にいるのが得意な人も得意でない人もいます。一方、共通しているのは、みんな天の父に愛されていること、互いに愛し合い、赦し合い、仕え合うことが期待されていることです。

 ボンヘッファーはこんなことを言ったそうです。「キリスト者は、自分では自分を助けることはできない…神の救いのみ言葉の担い手、宣教者としての兄弟を必要とする。…自分の心の中のキリストは、兄弟の言葉におけるキリストよりも弱いのである」。「我」でなく、「我ら」であることは尊いことです。キリストも「神の国はあなたがたの間にある」と言っています。

 天の父がどのような方であるかは、放蕩息子のたとえ(ルカ15:11-32)に書かれている通りです。天の父はわたしたちがイメージする一般的な父とは違っています。もう合わせる顔がない、わが子と呼ばれる資格はない、そううなだれる子どもであっても「父よ」と一言呼びかければ、走り寄って来て抱きしめてくれる父です。

 「アッバ、父よ」と祈る教会も増えているようです。「アッバ」はヘブライ語で「おとうちゃん、パパ」という意味です。キリストは天の父をアッバと呼びました。天の父への親しみと信頼が伝わってきます。わたしたちも信頼をもって「父よ」と呼びかけましょう。

〈説教要旨〉ルカによる福音書23章32-43節

宇田慧吾牧師

 キリストは十字架にかけられた時、「自分を救ってみろ」と罵られました。中でも一緒に十字架にかけられた犯罪人からは「救い主ではないか。だったら苦しんでいる私のことも救ってみろ!」と言われました。そのような罵りに対して、キリストは沈黙していました。

 現代にも同じような叫びがあるように思います。「神さま、どうして私を救ってくれないのですか」。「神さま、どうしてこの世の悪を取り除かないのですか」。

 この問いに対して聖書が語ることは、神はイエス・キリストによって答えたということです。イエス・キリストは、一緒に十字架につけられているもう一人の罪人に「あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言いました。どうして十字架刑に処せられているただ中で、楽園と言えるのでしょうか。

 聖書の伝えようとする救いは、私たちが一般にイメージしている救いとは異なります。私たちがイメージする救いは、苦しみや問題を取り除くという意味の救いですが、神の救いは苦しみを共にする救いです。

 クリスマスには、神はインマヌエル(私たちと共におられる神)であることを聖書から受け取りました。この受難節には、神が私たちの苦しみを共にしていることを受け取ります。イエス・キリストが十字架で苦しんだのは、私たちの苦しみを共にするためでした。また、そのような苦しみの中にあっても、神との心の絆が失われないことを証しするためでした。

 十字架で息を引き取る直前、キリストは「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます」と告白しました。キリストは深い苦しみの中でも神への信頼を失うことはありませんでした。この姿を見届けた百人隊長、群衆の心に不思議な変化が起こりました。

【キーワード】①神は私の苦しみを共にしている。
       ②苦しみの中で、他者の苦しみに寄り添う。
       ③苦しみの中で神に信頼し、すべてを委ねる。

2019年4月13日 園部会堂

≪主の祈りの学び≫2「ものおぼえわるく」

宇田牧師

 「わたしたちにも祈りを教えてください」。そんな弟子の一人の言葉に答えて、キリストは主の祈りを教えました。

 主の祈りはマタイによる福音書6章9-13節とルカによる福音書11章2-4節に書かれています。けれども、少しずつ言葉が異なっています。その理由について、「ルカの方がシンプルなため、原型に近い」と言われることがありますが、平野克己先生の説く「なかにはおぼえの悪い弟子がいて、祈りの言葉の一字一句まで正確に暗記することができなかったのかも」という珍説には妙な説得力があります。

 おぼえの悪い弟子は「主よ、ごめんなさい。また忘れてしまいました。『願わくは御名を崇めさせたまえ』の次はなんでしたか」と繰り返し尋ねたことでしょう。でもきっと、キリストが教えてくださったこの祈りは、一度でおぼえてすらすらとそらんずるようなものではなく、繰り返し繰り返し教わる方がよいのかもしれません。

 主の祈りはとっくに暗記して、何十年も祈っているが、言葉の意味は素通りしている。そんなケースは珍しくないと思います。主の祈りを祈る度に、キリストに教えていただく、そんな「おぼえのわるさ」を自覚することが実は肝心なのかもしれません。

 主の祈りの「おぼえにくさ」には理由があると言われます。それは、祈りの言葉のひとつひとつがわたしたちの自然な心の動きに逆らってくること、ぶつかってくることです。自分の名が栄えることを願う私。自分の思い通りになる世界を求める私。今日一日分の糧を神に求めず一生分の糧を貯蓄しようとする私。

 ルターは主の祈りの講解の中で「私は無にされるように」と繰り返し言いました。悪い意志だけでなく、善い意志も無にされるようにと言いました。主の祈りは「私」を育てる祈りではなく、「私」を無にする祈りです。

 弟子たちは寝食を共にする旅をしながら時間をかけて主の祈りを教わりました。わたしたちも時間をかけて主の祈りを教わり続けるのがよいようです。無理に「私」を削るのではなく、主の祈りを教わりながら「私」に気づき、キリストと歩調を合わせていきたいです。