教会に通わずに聖書を学びたい方のために No.3

宇田慧吾牧師

 先日「なんたんええ活動団体大賞」を受賞しました。

 2年程前から、教会を地域の子どもたちに開放して、居場所つくりの活動をしてきました。

 「居場所」は昔から教会の得意分野です。

 無条件で、何も要求されず、自分らしくあれる場、教会はいつの時代もそんな場であれることを願ってきました。

 活動を支えてきてくださった地域の保護者の皆さま、学校、行政、NPO法人テダス、教会の皆さま、そして子どもたちに心から感謝します。

 さて、今日は【ローマの信徒への手紙 1章18-25節】を読んでいきます。

 01:18不義によって真理の働きを妨げる人間のあらゆる不信心と不義に対して、神は天から怒りを現されます。 01:19なぜなら、神について知りうる事柄は、彼らにも明らかだからです。神がそれを示されたのです。 01:20世界が造られたときから、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。従って、彼らには弁解の余地がありません。 01:21なぜなら、神を知りながら、神としてあがめることも感謝することもせず、かえって、むなしい思いにふけり、心が鈍く暗くなったからです。 01:22自分では知恵があると吹聴しながら愚かになり、 01:23滅びることのない神の栄光を、滅び去る人間や鳥や獣や這うものなどに似せた像と取り替えたのです。 01:24そこで神は、彼らが心の欲望によって不潔なことをするにまかせられ、そのため、彼らは互いにその体を辱めました。 01:25神の真理を偽りに替え、造り主の代わりに造られた物を拝んでこれに仕えたのです。造り主こそ、永遠にほめたたえられるべき方です、アーメン。

①「あらゆる不信心と不義に対して、神は天から怒りを現されます」(1:18)

 『神は何について怒るか』が語られています。

 神は、信頼してもらえないこと(不信心)と正しくないこと(不義)について怒ります。

 怒りと言っても様々な種類があると思います。今の朝ドラ「スカーレット」に描かれる昭和の父親像のような、ちゃぶ台をひっくり返す、子どもが口答えすればビンタする、そういう理不尽に見える怒りもあります。また、親や保育園の先生が子どもを叱る時に、粗相に伴う子どもっぽさを心の中では「ふふっ」と微笑ましく思いながらも大人として語調を強くし怒るということもあると思います。お坊さんの「喝」や昔の牧師の一喝には、相手のにぶった心を目覚めさせる爽やかさがあったとも言います。

 最近の社会では、怒りはネガティブな感情表現として隅に追いやられているようにも感じますが、愛に裏打ちされた怒りというものがあることも、多くの人が経験的に知っていることではないでしょうか。

 「神が怒る」という時にも、その怒りは愛に裏打ちされた怒りです。

 「あなたの人生の全てを深い配慮をもって整えているのに、どうして信頼してくれないのか!」
 「信じて待ってくれれば、いまどれほどの喜びの種が蒔かれているのか分かるのに!」
 「そんなに策を巡らし、自分の力でなんとかしようとやっきにならなくても、ちゃんと私がすばらしいエンディングを用意しているのに!」

 そんな声が天から聞こえてきそうです。

 わたし自身、自分の心をふりかえると、神さまの配慮に信頼して安らぐことなく、自分の力で何とかしようともがき苦しんでいる自分を見つけます。そういう時の心は不安でたまらなかったり、不安をごまかすように強気になってみたり、焦りを繕うために過剰な行動をしたりしています。

 そういう苦しい心の時には立ち止まって、

 天に信頼する。
 神にすべて委ねる。

 そうお祈りすることで、心が平安になります。

 

②「造り主の代わりに造られた物を拝んでこれに仕えたのです」(1:25)

 神に信頼しない場合、神以外のものに依存するという人間の習性が指摘されています。

 神に信頼するとは、
「無条件に愛されていること」
「生きているだけで価値があり、役割を果たしていること」
「他者を愛して生きることに自分の幸せがあること」
そういったことを信じることです。

 そういったことが信じられない心の状態はしんどいと思います。

 愛されるために、努力し、自分を飾り、自分ではない誰かになろうとすることがあります。

 自分の存在に価値を感じられなかったり、自分は必要とされていないと感じたりして、過剰で愚かしいアピールに走ったり、逆に心を閉ざす時があります。

 他者を愛そうとせず、自分が愛されることばかりを求め、穴の開いたバケツのように心が虚しくなることがあります。

 私の場合は、名誉や快楽で心の虚しさを補おうとした時期がありました。やってみて分かったことは、自分の場合そういったものでは心は満たされないということでした。

 逆に、神に信頼する生き方を選択するようになり、聖書が伝える神の愛を信じて生きるようになってからは、これまで頼ってきた名誉や快楽を自然に手放すことができました。それらは自分には必要がないものになっていきました。

 自分の力では断ち切ることのできないアディクション(依存)が誰にでもあると思います。聖書はそういったものから解放されていく方法として、神や真理に信頼することを勧めています。

 心を良いもので満たすことが、心の虚しさに対抗する方法であるようです。

2020年1月19日

教会に通わずに聖書を学びたい方のために No.2

宇田慧吾牧師

 どうもこんにちは。

 いかがおすごしでしょうか(^^)

 昨日は教会でヴァイパーという楽器のコンサートがありました。「ヴァイパー」ご存知ですか?ご存知でない方がほとんどかと思います。なんせ20年程前にアメリカで開発された楽器で、日本のヴァイパー専門奏者は1名しかいないそうです。

こんな楽器です↓ (奏者は大城敦博さん)

大城敦博さんソロライブ」記事はこちら

 「エレキヴァイオリン」とでも言ったところでしょうか。電気を使うことで、ヴァイオリンの高さからチェロまでの低さまで奏でられるという夢の楽器です。

 さて、今日は【ローマの信徒への手紙 1章8-17節】を読んでいきます。

 01:08まず初めに、イエス・キリストを通して、あなたがた一同についてわたしの神に感謝します。あなたがたの信仰が全世界に言い伝えられているからです。01:09わたしは、御子の福音を宣べ伝えながら心から神に仕えています。その神が証ししてくださることですが、わたしは、祈るときにはいつもあなたがたのことを思い起こし、01:10何とかしていつかは神の御心によってあなたがたのところへ行ける機会があるように、願っています。01:11あなたがたにぜひ会いたいのは、“霊”の賜物をいくらかでも分け与えて、力になりたいからです。01:12あなたがたのところで、あなたがたとわたしが互いに持っている信仰によって、励まし合いたいのです。01:13兄弟たち、ぜひ知ってもらいたい。ほかの異邦人のところと同じく、あなたがたのところでも何か実りを得たいと望んで、何回もそちらに行こうと企てながら、今日まで妨げられているのです。01:14わたしは、ギリシア人にも未開の人にも、知恵のある人にもない人にも、果たすべき責任があります。01:15それで、ローマにいるあなたがたにも、ぜひ福音を告げ知らせたいのです。

 01:16わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。01:17福音には、神の義が啓示されていますが、それは、初めから終わりまで信仰を通して実現されるのです。「正しい者は信仰によって生きる」と書いてあるとおりです。

 印象的に感じたポイントを三つ挙げますね。

①「まず初めに、イエス・キリストを通して、あなたがた一同についてわたしの神に感謝します」(1:8)

 神への感謝からパウロは手紙を書き始めました。手紙の冒頭を相手への感謝で始めることは一般的なことだったようです。一方、相手ではなく神に対する感謝で始めるのは珍しいことだったようです。

 パウロにとってそこに教会があるという事実は嬉しいことだったでしょう。自分と同じように神に出会った人たちがそこにいるのです。

 そんなパウロの気持ちを考えると、私も教会にいるお一人お一人について神に感謝したいと思わされました。それぞれ神に出会い、導かれ、今ここにいて、お出会いできたことを嬉しく思います。

 家族についても同じことを思いました。人生を導かれて生きてきて、出会わされ、今一緒にいること。今日まで相手のことを神さまが導いてきてくれたことに感謝したいと思わされました。

 また、他者について神に感謝することは怒りの防波堤になることに気づきました。先日、ひょんなことから強い怒りを感じ、とても心が苦しくなる経験をしました。けれども、その相手について感謝することを思い浮かべるうちに、怒りより感謝が優ってきました。結果、怒りをそのままぶつけることもなく、自分の怒りの原因が相手ではなく自分の中にあることにも気づくことができました。

 怒りは時にコントロールが難しい感情ですが、感謝は怒りを操舵してくれます。

②「あなたがたとわたしが互いに持っている信仰によって、励まし合いたいのです」(1:12)

 「自分で自分を励ますことはできない。励ましには他者からの語りかけが必要である」

 そんな言葉があります。

 当たり前のことでも、人に言ってもらえると、励まされることってありますよね。

 また、そういう自分の心に配慮してくれる他者の存在そのものが支えになりますよね。

 教会の場合、同じ神さまに支えられて生きている仲間の存在がお互いの励ましになります。共に礼拝に集まること、一緒に賛美歌を歌うこと、一緒に祈ること、そういう仲間の存在は私にとっていつも励ましになっています。

③「わたしは福音を恥としない」(1:16)

 パウロは恥とは縁遠い人生でした。むしろたくさんの名誉を持っていました。けれども、キリスト者となり、自分がイエス・キリストに救われた経験を話すようになってからは、笑われたり、怒りを買ったり、理解されなかったり、たくさん恥をかきました。

 一方で、パウロの言葉に救われた人たちもたくさんいました。自分がイエス・キリストに救われたことを恥とせず、率直に経験したことを語ることで、助けられた人たちがいました。

 この前、教会の書棚を整理していたら、昭和26年の教会のジュニアキャンプの作文が出てきました。参加した小中学生が書いた作文なのですが、多くの子がキャンプファイヤーのことを書いていました。

 とにかく楽しいキャンプを過ごし、最後の夜のキャンプファイヤーで一人ずつ声に出してお祈りをしたそうです。ある子は「初めてお祈りをした。お祈りをするとなんとなく心が落ち着いた」と書いていました。また、ある子は「自分はクリスチャンホームで育ったけど、お祈りをしたことがなかった。これまでお祈りをしなかったことを恥ずかしく思った」などと書いていました。

 昭和26年の子どもたち、まじめですね(^^;

 教会にいつも遊びに来てる高校生と20代の青年とたき火をしてる時にそんな作文の話をしたら、「なんか、洗脳キャンプみたいですね」とのこと….!

 「確かにね」と笑いつつ、それからあれこれ話しているうちに、最後は「生きる意味とは・・・」みたいな話になりました(笑)

 伝わるか伝わらないかより、素直な自分を話せるか。

 自分が本当に大切だと思っていることを言葉にできるか。

 そのことの方がずっと大事なのかなと思います。

 私は神さまに出会って本当に幸せです。

 そんな素直な気持ちを、無理なく、自然に、表現しながら生きていきたいと思っています。

2020年1月12日

教会に通わずに聖書を学びたい方のために No.1

宇田慧吾牧師

 「信者にはならないけど、聖書を学びたいという人のための講座をしてくれたらいいのに」

 昨年、このようなご意見をいただきました。ですので、しばらくそのような連載をします。

 ご意見をくださった方は福祉のお仕事をされる中で、その根底にあるキリスト教の精神を学びたいと感じられたそうです。

 また、この方はかつて教会に通い、洗礼を受けてもいます。けれども、教会特有の文化にどうしてもなじむことができなかったそうです。私自身もそのような教会特有の文化に居心地の悪さを感じた経験があります。ですから、この方のように「キリスト教に関心がある。学びたい。でも、教会のメンバーになりたいわけではない」という気持ちはよく分かります。

 この連載は「教会に通ってはいないけど、聖書を学びたい。キリスト教を知りたい」という方のためのものです。また、「かつて教会に通っていたけれども、今は離れてしまった」という方のためのものです。

 そういった方たちがいくらかでもインスピレーションを受けて、キリスト教のメッセージを仕事や生活に生かしていただけるような連載を書いていければと思います。

 具体的には、聖書の中の「ローマの信徒への手紙」という文章を読んでいきます。これは使徒パウロがローマ教会へ宛てて書いた手紙です。キリスト教のメッセージを自分のものとしていくためには、この手紙を深く理解することが重要だと言われています。キリスト教史の主だった人物たちの多くがこの手紙を愛読してきました。

 前置きが長くなってしまいましたが、早速、ローマの信徒への手紙を読んでみましょう。日本語の聖書にはいくつかの翻訳がありますが、ここでは新共同訳聖書の本文を載せておきます。カトリック教会や多くのプロテスタント教会で用いられているスタンダードな翻訳の一つです。

【ローマの信徒への手紙 1章1-7節】
 01:01キリスト・イエスの僕、神の福音のために選び出され、召されて使徒となったパウロから、―― 01:02この福音は、神が既に聖書の中で預言者を通して約束されたもので、 01:03御子に関するものです。御子は、肉によればダビデの子孫から生まれ、 01:04聖なる霊によれば、死者の中からの復活によって力ある神の子と定められたのです。この方が、わたしたちの主イエス・キリストです。 01:05わたしたちはこの方により、その御名を広めてすべての異邦人を信仰による従順へと導くために、恵みを受けて使徒とされました。 01:06この異邦人の中に、イエス・キリストのものとなるように召されたあなたがたもいるのです。―― 01:07神に愛され、召されて聖なる者となったローマの人たち一同へ。わたしたちの父である神と主イエス・キリストからの恵みと平和が、あなたがたにあるように。

 気になる言葉はありましたか?
 私は「召されて」という言葉が印象的でした。少しだけ解説と私が感じたことを書きますね。

 パウロは今の自分の立場について、自分で選んだものではなく、選ばれ召された立場だと考えていました。「召す」は「呼ぶ・招く」の尊敬語です。もちろんここでは、神に呼ばれた・招かれたということです。

 パウロはもともとはサウロという名前でした。旧約聖書に出てくるイスラエルの最初の王様が「サウル」という名前です。サウロは高学歴な人であったようです。ガマリエルという有名な先生に師事していたことは自慢になる経歴でした。また、ファリサイ派という律法の実践に熱心なグループに所属していました。おまけにローマの市民権を持っていました。総じて、相当なキャリアや立場を持っていた人物と言えます。

 けれども、神に召された後は、そういった自分の人生の中で築き上げてきた一切が「塵あくた」「損失」と感じるようになったそうです。召された時にサウロからパウロに改名していますが、パウロは「小さい」という意味です。神に召されたことはパウロにとって文字通り人生のターニングポイントでした。パウロの価値観や生きる目的、意味は神に召される経験をすることで大きく変わりました。

 「召される」という経験を皆さんはお持ちですか?その出会いによって大きく人生を変えられた。その出会いによって今の自分があるというターニングポイントがありますか?

 私は牧師ですからもちろん神さまに召された経験があり、教会で働いています。でも、キリスト教と直接には関係ないことでも召される経験をしてきたように思います。

 小学生の時、私はどうしようもない問題児でしたが、ある先生との出会いによって救われる思いがしました。その後、学校の先生になりたいと思った時期もありました。学校の先生にはなりませんでしたが、今でも子どもと関わる活動では、あの先生が自分にしてくれたことがベースになっています。そんな今の自分をつくってくれた出会いは、自分で選んだ経験ではなく、向こうから来た経験だなと思います。

 思い浮かべると、そんな与えられた出会いが人生の中にいくつもあります。その一つ一つが自分をつくり、引き受けていくべき役割を定めてくれているように思います。

 人生にはうまくいく時もそうでない時もありますが、どんなときも自分の召された役割に忠実であれたらそれでハナマルかなと思います。

2020年1月5日

新しい年が豊かに祝福されますように

宇田慧吾牧師

 2020年を迎えました。皆さんは新しい年をどのような気持ちで迎えているでしょうか。私は昨年を振り返りながら、感謝すること、反省すること、今年はもっとがんばろうと思うこと、あれこれ思いめぐらせています。

☆「丹波新生教会に導かれたことに感謝」

 祈りをもって未熟な私を支えてくださる方々、友となれた仲間、信仰者としての生き方を示してくださる先輩方、皆さんにお出会いできて本当に感謝しています。いつも皆さんに支えられ、教えられながらすごしています。

☆「宇田先生=忙しい」

 ふらっと園部会堂に寄ってくれた方が「宇田先生=忙しい」というイメージと仰られました。昨年の中頃は積極的に活動しすぎた上に初めての育児が重なり、オーバーワークになってしまいました。意識してブレーキを踏み、だいぶ落ち着きました。最近は家族との時間も大切に過ごすことができ感謝です。

☆「NPO法人そのべる、順調に活動しています」

近況としては『なんたんええ活動団体大賞』を受賞しました(副賞10万円!)。地域や学校、行政の方たちに支えられ、たくさんの出会いをいただいています。

☆「一信仰者として成長したい」 

昨年は苦しさや徒労感にさいなまれる時にも希望を見失うことなく忍耐し祈り続けることができました。一方で、他者に寄り添うことの難しさや自分の牧会の未熟さを痛感する一年でもありました。自分の力ではなく神さまへの信頼を深め、信仰者として成長していきたいと思います。

2020年1月5 日

《説教要旨》「わたしを遣わした方」ヨハネによる福音書7章25-31節

宇田慧吾牧師

 キリストはたくさんの誤解を受けました。誤解を受けた経験がないという人はいないと思います。善意で相手のためにしたつもりでも、怒りを買ってしまうということも時にはあります。キリストは愛に生きたにもかかわらず、真意を理解されず、人の怒りを買い、終いには十字架にかけられてしまいました。そんな中でキリストは「わたしを遣わした方」に心を向けていました。人に誤解されても、「わたしを遣わした方」と心が繋がっていたことが、キリストの支えであったようです。

 一部の人たちからは誤解を受けましたが、一方で「イエスを信じる者」もいたと書かれています。この人たちはどういう人たちだったのでしょうか。きっと、キリストに出会うことで、助けられた人たち、励まされた人たち、救われた人たちだったと思います。私たちも人生の中で与えられた出会いの中で、出会った全ての人に理解され愛されるということはなかなか難しいと思いますが、何人かでも出会うことができて良かったと互いに思えるような人がいたらそれは幸せなことだと思います。

 神さまは私たちを愛に生きる者としてこの世に遣わしました。愛に生きようとする時には、喜ばしい実りを結ぶ時もあれば、誤解やすれちがいに苦しむ時もあります。ただ、どのような時にも、私たちに命を与え、この世に遣わした神さまは、私たちと共にいて、私たちの涙も喜びも共にしてくれます。

2019年12月1日 園部会堂

《説教要旨》「一粒の麦」ヨハネによる福音書12章24-26節

宇田慧吾牧師

 ハブ茶の種を教会の庭に蒔きました。収穫期を迎え、子どもたちと一緒に実った鞘から種を取っています。小さな種なので時々「あっ」と床に落とします。

 キリストは「一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば多くの実を結ぶ」と言いました。この言葉は一見取るに足らない一粒の麦に生命力が秘められていることを私たちに思い出させます。この死後に多くの実を結ぶ生命力は人間にも秘められています。

 この教会に着任して1年目、重度の認知症ゆえ病院で寝たきりで過ごしている方を訪問することがありました。自分も高齢になれば、こういう日が来るのかなと考えながら病院を後にしたりします。その方は会話も不自由な状態でしたが「お祈りしましょう」と言うと、得意気に手を組んで最後は「アーメン」と唱和していました。逝去された後も時々その方のことが思い出されます。そして私を諭してくれます。健康について、人生の有限について、最後まで残るものについて。その方は認知症になることで自分が望むような生き方を手放したと思います。一方、手放した後も神さまに用いられる命を生き続けています。

 床に種を落としても、さほど気にならないように、生命力の神秘に鈍感であることができます。また、働き盛りや健康が「生き生き」であるように思い、病気や死を越えて用いられる永遠の命に私たちは鈍感であることができます。けれども、神さまはいつも変わることなく命の価値を定めています。高価で貴いものと定めています。最期には私たちも一粒の麦のように地に落ちます。そして多くの実を結びます。        

2019年11月3日 園部会堂

《説教要旨》「父は待っている」ルカによる福音書15章11-32節

宇田慧吾牧師

 今日は洗礼式があります。洗礼を受けるFさんに「洗礼の記念品は何がいいですか」と尋ねると、「友吉さんがなぜ洗礼を受けたのか知りたいので、その資料が欲しいです」と仰られました。友吉さんはFさんの曽祖父です。曽祖父の友吉さんが洗礼を受けられたことから、F家と教会の関わりが始まりました。

 結論から言うと、友吉さんがなぜ洗礼を受けたのかについてのはっきりとした資料は見つかりませんでした。ただ、友吉さんが1890年に洗礼を受けておられ、この年は丹波教会が創立された6年目であり、その時の牧師であった留岡幸助から洗礼を受けたということは資料から分かりました。これらのことから、当時の教会の様子や留岡幸助牧師の働きが、友吉さんの受洗理由にある程度関係しているのではないかと想像します。

 当時の教会の様子は今と比べれば特別なものでした。京都市内から同志社の学生や宣教師が歩いて伝道に来ていました。彼らの感化から洗礼を受けた村上太五平という人物は熱心な伝道活動をして「丹波教会の父」と称されました。彼は回心前は「酒豪と放蕩で知られていただけに彼の変化はそれ自体が説得力を持ち、キリスト者になる者が多かった」と記録されています。またこの時代、胡麻には丹波ヨブと呼ばれた野林格蔵がいました。彼はハンセン病患者として差別を受けましたが、信仰者である母から受け取った「格蔵、信仰だけは落とすなよ」の言葉を胸に最期まで信仰を貫かれました。また当時はキリスト者への迫害が激しく、胡麻会堂は発足直後に何者かの放火によって全焼しました。翌日、教会員一同で焼け跡を片付けている時、その中の一人が「犯人を告訴すべきだ」と発言したところ、他の会員たちは「それは違う。聖書に『敵を愛し、憎む者のために親切にせよ、呪う者を祝福し、辱める者のために祈れ』とある」と諭し、一同その場に座して祈りを捧げ、一層、強い信仰の絆に結ばれた、との記録があります。一か月後、会堂は再築され、献堂式が行われました。これらは友吉さんが洗礼を受けた当時の教会の様子の一端です。

 友吉さんに洗礼を授けた留岡幸助牧師は、日本の社会福祉の先駆者として著名な人物です。監獄で受刑者と関わる教誨師としての活動や、非行少年や保護者のいない少年と共同生活をして更生をはかる家庭学校を日本でいち早く始めました。丹波教会での在任期間は二年半と決して長い期間ではありませんでしたが、友吉さんの息子にあたるHさんは「丹波教会の歴史の中で牧師と信徒、信徒同士の深い交流があったのは留岡牧師の時代」と証言していたそうです。留岡幸助の牧師としての働きについては次のような記録があります。「講壇に立って、偉そうぶって説教をたれるような牧師ではなかった。民衆の心をつかむため、つねに彼らの中に分け入って行こうと心がける牧師であった」。「構えた姿勢でキリストの教えを説くのではなく、丹波の民衆の生活に密着した、幅広い日常的な実践を大切にしていた」。「彼の伝道にはいつも生活と汗のにおいがこもっていた」。留岡幸助が感化を与えた教会員の一例として、田中藤左衛門は、後に園部幼稚園や淇陽学校を創設し、初代園長、初代校長を務めました。

 留岡幸助自身は「人間の美しさ」について基督教新聞に次のような文章を書いています。「およそ人の本当の美しさというものは孤立した関係からは生まれない。夫婦という関係があって、夫婦の愛の美しさが生れる。親子の関係も、また友人にしても同じである。・・・およそ人のうちにあってもっとも美しいのは愛である。その愛の中でも聖霊を心に受けて、神の霊に触発された愛の人ほど美しいものはない。本当の人間の美しさとは、複雑な人間関係の中で育てられる愛であり、その愛が神の愛に覆われた時である」。
 この文章からは留岡自身が「人との関係」を大切にしており、その中でも特に「人間関係における複雑さの中で愛が育てられること」を大切にしていたことが受け取れます。

 友吉さんがなぜ洗礼を受けたのかについて、確実な理由は分かりません。ただ、今ご紹介した教会の様子の中で、また留岡幸助牧師との関わりの中で洗礼を受けたということは歴史上の事実です。そもそも、『なぜ』について私たちはいつも全部を知ることはできません。すべてをご存知なのは神さまだけです。友吉さんが洗礼を受けたのは、今日こうしてFさんが洗礼に導かれるためだったのかもしれませんよ。

 今日の聖書箇所は「放蕩息子のたとえ」でした。放蕩息子が父のもとを離れて、自由を謳歌していた時、息子は父のことを忘れていました。けれども、父は息子のことを忘れていませんでした。戻って来た息子を見つけると、走り寄って抱きしめました。父は息子を待っていました。
 Fさんは子どもの頃、園部の教会学校に通い、その後は教会を離れ、今こうして教会に戻ってこられました。その数十年の間、Fさんが放蕩の限りを尽くしていたとは思いませんし、父のことを忘れていたかどうかは分かりませんが、父はいつも待っていました。今日この日を、天の父も、友吉さんも喜んでおられることでしょう。

 この後、洗礼を授け、聖餐をします。洗礼に立ち合う私たちも、信仰を新たにしましょう。自分が信仰に導かれた時のことを思い起こしましょう。また、聖餐にあずかり、キリストが私たちのために十字架にかかって、その身を裂き、血を流されたこと、その深い愛を思い起こしましょう。

2019年9月29日 園部会堂

牧師日記 9月20日

宇田慧吾牧師

 印象的なfacebookの投稿がありました。地域で親しくしている方のものです。一部修正して転載します。

(以下)

夏休み明けて息子が本気で学校に行くのを嫌がった。夏休み明け翌週、月曜日に法事があって学校を休み、火曜日の朝学校に行くのを嫌がった。原因はやはり宿題だった、月曜日休んだので、火曜日の昼の休み時間に宿題をみんなの前でしなくてはならないのが嫌なようだ。問題はそこじゃない。火曜日の朝に息子が怯えながらこう言った。「農業するし、家の手伝いもする、良い子にするから、学校に行かせないで」この子は、自分の存在意義を無条件に感じれていないんだ。学校で優等生になるか、家で優等生になるか。

ショックだった。生きているだけ、それだけで彼には存在する価値がある、無条件で自分を愛して、彼として生きる事が彼の最大の仕事であって欲しい。その事を感じれていないのは、それは親である僕もまた、自分自身を無条件に愛する事ができていないからだったと思う。有機農家、自給自足家、少林寺拳法の先生、デモクラティックスクールの卒業生、そしてなにより大きな働きをなした父の息子として、なんらかの成功をしなくてはいけない、そんな風に思っていて、常に焦って生きてきたように思う。学校はとりあえず宿題のやり方を変更することで、息子も納得して学校にいきはじめた。僕も少しずつ、何者でもない自分を愛せるようになっていけそうな気がします、何者でもない子どもたちを愛せるように。

(以上)

 「無条件に愛されていること」「存在しているだけで価値があること」、そのような神の愛を牧師として語り、信仰者として信じているのはもちろんですが、自分の心の奥の方にも「自分自身を無条件に愛せていない」気持ちがあるなと思いました。そういう気持ちにせかされて努力してこれたという面もありますが、一方、そういう気持ちに追い立てられていつも焦りがあるというのもよく分かります。

 普段は日常をこなすため、自分の心の深いところにある気持ちはとりあえず奥にしまっておいてしまうものですが、「無条件に自分を愛せない気持ち」そんな気持ちも自分の心の中にあるんだなと気づくと、そういう自分も含めて神さまは愛してくれているんだなとしみじみ感じたりします。

2019年9月20日

《説教要旨》「腰に帯を締め、ともし火をともしていなさい」ルカによる福音書12章35-48節

宇田慧吾牧師

 神さまの僕として、神を愛し、人を愛して生きたいと願っています。けれども時折、心や体が弱っていて、奉仕する力が湧き上がってこないような時もあります。そのように神さまの良い僕でありたいと願いつつも、今は力がないと感じている人に向けて、今日の聖書の言葉は語りかけています。

 キリストが主人と僕のたとえ話をしました。おもに二つのことが語られています。①主人が見ていない時でもご奉仕する準備をしていなさい。②夜であっても準備していなさい。「見ていない時でも」というのは分かりますが、どうして「夜」も備えるように勧めたのでしょうか。私はこの言葉を自分へのメッセージとして受け取る時、「夜」という言葉の意味がよく分かるように感じました。心が元気な時、信仰的に充実している時には、たくさんの奉仕をすることができますが、一方、心が弱っている時や信仰的に渇いている時には、奉仕する力がなく、夜のような時をすごします。そのような時にこそ、キリストは「腰に帯を締め、ともし火をともしていなさい」と勧めました。

 夜を過ごす時の自分や、いま教会の中で夜を過ごしている方たちを思い浮かべて、この言葉をどのように受け取れるかを想像しました。半分は素直に受け取りたいと思いました。心や体が弱っている時にこそ、腰に帯を締め、ともし火をともしたいと願います。もう半分は、完璧でなくてもいいのだと思いました。力がある時のように大きな奉仕ができなくても、小さく細々とでも神さまと繋がり、今できる奉仕をできれば、それで十分なのかなと。キリストは私たちに語りかけています。「腰に帯を締め、ともし火をともしていなさい」と。

2019年8月25日 亀岡会堂

牧師日記 8月16日

宇田慧吾牧師

 聖書に出てくる物語の中で比較的よく知られた「善きサマリア人のたとえ」という話があります。〈以下引用)。

 「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』」(以上)

 私は両親が教会に通っていたので、幼少の頃は親と一緒に教会に行っていました。幼少期の記憶とはすごいもので、大人になってから聖書を読むと「こんな話あったな~」と案外記憶の端に残っていたりするものです。そんなぼんやりと憶えていた話とは別に、子どもながらに心に残った話が「善きサマリア人」でした。傷ついた人を見て見ぬふりをした祭司やレビ人のようにではなく、善きサマリア人のように助けが必要な人に手を差し伸べようという気持ちが少年の心に宿ったようです。

  思春期になると、少年の心に宿った善きサマリア人の精神は、「人を助けたい」という強い意志になりました。その意志によって他者のために働き、感謝を受ける喜びの経験を重ねました。一方、これは自己満足ではないか、偽善ではないかという問いも通り、他者に奉仕する自分の力の小ささに虚しさを感じたりすることもありました。私の場合は、そのような問いや虚無感によって信仰に導かれたように思います。

 牧師として奉仕するようになると、自分が善きサマリア人よりも、祭司やレビ人に重なるように感じることが増えました。祭司やレビ人は礼拝に奉仕する立場の人たちであり、今日で言えば牧師の立場に近く、神の愛を語り、隣人への愛を勧め、その実践が望まれる立場の人たちでした。当然牧師も、そのような期待を受けて然るべき立場ですが、現実の働きの中には「道の向こう側」を通っていくような場面が少なくありません。自分の心のキャパシティの限界や日常の業務からくる時間的制約、能力や知識、経験の不足、それらことから道の向こう側を通っている自分をしばしば見つけ、悔いる思いを持ちます。

 牧師も人間ですから、人間的な制約による限界があるのは当然のことですが、道の向こう側を通る経験を繰り返す中で、心がすり減り、心に虚しさが溜まっていくのも事実です。「人間だもの」となかなか割り切ることもできないでいます。そういう気持ちのせいか、「追いはぎに襲われた人」にも共感するようになってきました。傷つき、倒れている私をキリストが手当てし、介抱してくれているように感じたりします。

2019年8月16日