《説教要旨》「互いに愛し合いなさい」ヨハネによる福音書15章12-17節

宇田慧吾牧師

 教会には一つのおきてが与えられました。「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい」。このおきてを実践する人にキリストは「わたしの友」と呼びかけます。友にもいろんな種類がありますが、ここでの友は同じ苦労を共にする仲間です。「互いに愛し合う」というおきてを実践しようとする人は、時にはその難しさを、時には心に深い痛みを引き受けることを経験します。そのような痛みを引き受ける人にキリストは友と呼びかけます。

 わたしはキリストのその呼びかけを受けとめる時、自分が友と呼ばれるにふさわしいか考えてしまいます。「互いに愛し合いなさい」というおきてに生きたいと願ってはいても、うまく守れている自身が持てないからです。そんな気持ちを話していたら、今日の園部の礼拝では涙が止まらなくなってしまいました。でも、そんな自分に向けてキリストは「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ」と言います。このおきてに生きる者としてキリストが私たちを選んだことを私は信じます。私のことだけでなく、今ここに集められている教会の一人一人をキリストが選び、出会わせ、「互いに愛し合いなさい」というおきてを実践させようとしていることを私は信じます。

 また、キリストは「実を結び、その実が残るように」私たちを任命しました。「任命する」の原語はシンプルには「置く」という意味です。私たちは「互いに愛し合いなさい」というおきてを実践する者として、今自分がいる教会に、家庭に、職場に置かれました。ちゃんと実を結ぶように神さまがこの場所、この私を選んでくれたことを私は信じます。

2019年5月19日 胡麻会堂

説教要旨「実を結ぶ人」ルカによる福音書8章4-15節

2月17日説教要旨 【胡麻会堂・宇田牧師】
「実を結ぶ人」 ルカによる福音書8章4-15節

 3万2千年前の種が発掘された話はご存知ですか?永久凍土から見つかって、ちゃんと花が咲いたそうです。種に秘められた生命力には驚かされます。わたしたちの心に蒔かれた種も、種自身の生命力でちゃんと実を結んでいきます。「実を結ぶ人になろう!」とか「心の畑を整えよう!」というよりは、神さまの蒔いてくれた種の生命力に信頼して、安心して待つ心を持ちたいと思います。

 昨日、昨年度に洗礼を受けたO君から嬉しい連絡がありました。しばらく東京で生活するので、東京の教会に転会したいとのこと。彼は大学生の時に自分で聖書を買って読み始め、大好きなおじいちゃんが亡くなった時に、礼拝に通い始めました。礼拝でなんとなく心が慰められる気持ちがして教会に通い続けました。洗礼を受けてすぐ引っ越しになりましたが、東京でちゃんと通う教会を見つけられたようでなによりです。彼のように、この教会に訪れた人の心に神さまの種が蒔かれて、芽を出していくと嬉しいですね。

 自分の信仰の歩みを振り返ると、種が成長するまでにはずいぶん時間がかかったなと思います。心が「道端」のようで芽が出ない時、心が「石地」のようで根を張れない時、心が「茨」に覆われて成長できない時、いろんな時期がありました。でも、神さまが耕してくれて、種自身の生命力でちゃんと実りを結んでくれました。今も「ちゃんと実りを結ぶだろうか?」と不安を感じることも時々ありますが、耕してくれる神さまと種自身の生命力を信じます。わたしたちは「実を結ぶ人」です。人生の実りをどうぞお楽しみに。