6/21(金)坊主牧師バー@園部会堂のお知らせ

今月21日金曜日に今年初の坊主牧師バーが開催されます。
坊主牧師バーでは園部会堂の宇田牧師がバーテンダーとなり、皆さんをおもてなしいたします。今まではCocoCan@新屋さんを会場にお借りしていましたが、今回は教会で行いますのでお間違いなく!前回の参加者は15名ほど、約半数が地域の方でした。クリスチャンでない方、教会に行ったことのない方、大歓迎です^^

時 間:6月21日(金)17:00~21:00
場 所:丹波新生教会園部会堂(園部町美園町3-13-2)
費 用:飲み放題1,000円/ソフトドリンク飲み放題500円、気まぐれ定食500円(数量限定)

これまでの様子はインスタグラムでご覧いただけますので、是非チェックしてみてください(園部会堂のインスタはこちら)。
初めて教会に来られる方にも、気軽に楽しんで頂けるイベントになれば幸いです。

《礼拝の聖書箇所から》ヨハネによる福音書6章34-40節

宇田慧吾牧師

 昨日、家庭集会で断食についての話題がありました。聖書には時々、断食の話が出てくるのですが、断食ってなんのためにするんだろうね、と。その日のバイブルディスカッションを準備してくれた方がレジュメに書いてくれていた解説には「断食をすることには、私たちを神に近づける目的もあります」と書かれていました。もう少し引きつけて言うと、全てが満ち足りている時には神さまを忘れがちになりやすいから、飢えを経験することで、いただいている恵みを思い出すといったところでしょうか。
 現代の日本における最大の試みは豊かさだと言った人もいます。格差や貧困問題がある一方で、今の日本が過剰に物に溢れていることも事実かと思います。そのような物質的な豊かさが私たちの心をいつも満たしてくれるわけではないということは、当然のことでありながら、つい忘れがちになることでもあるように思います。ごはんを食べなければ飢えるのと同じように、心の糧を得なければ心は虚しくなります。もし人との温かい交流や感謝の心、思いやり、素朴な喜び、そういった心の糧がなければ、その日ごはんを食べなかったのと同じように心は飢えてしまいます。

 キリストは「わたしが命のパンである」と言いました。キリストは私たちに必要なその心の糧です。私たちはそれぞれ心を元気にする方法を持っています。好きな物を食べるとか、趣味に興じるとか、とにかく寝るとか。そのような余暇活動はもちろん心をリフレッシュさせる良いものです。でも、心を満たす糧かというと、また違うように思います。人の心を満たす糧は、余暇に比べれば、地味でささやかなものかもしれません。けれども、生きるためには食べなければいけないのと同じように、また時には心のリフレッシュが必要なのと同じように、生きるためには心を満たす糧が必要です。その心の糧とは何なのかをキリストは私たちに気づかせたり、思い出させたりしてくれます。

 今日はヨハネ福音書を読んでいますが、ヨハネ福音書には何度も繰り返し出てくる言葉があります。「わたしが来たのは、自分の意志を行うためではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行うためである」。今日の聖書箇所にも出てきていました。キリストが私たちに教えてくれる第一の心の糧は「神の御心に生きること」です。神の御心はシンプルです。神さまに愛されていることを喜ぶこと。神さまが私を愛してくれたように、人を愛すること。神さまが私を赦してくれているように、人を赦すこと。感謝を持って生きること。などなど。
 キリストは「わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」と言いました。人生の途中には、心の飢えを経験することや心が渇く時もありますが、キリストの側にいれば大丈夫です。

 最後に、昨日の家庭集会で聞いた福音をおすそわけします。集まりの最初に、最近あった嬉しかったことを一人ずつ報告するのですが、特に一人の方の話が印象的でした。その方は先月手術を受けました。術後も体の痛みがあって、そういう中でなかなか祈ることができなかったそうです。こういう時こそ祈りをもちたいと思いつつ、祈りを持つことができない苦しさをすごされました。けれども、昨日こんな本の言葉に励まされたそうです。
 「絶望的な状況にいるとき、神様からのメッセージは「強く、また雄々しくあれ」(ヨシュア1:6)というものではありません。神様はあなたの中で力も勇気もつきてしまったことをご存知なのですから。代わりに神様は優しくこう言われます。『静まって、わたしこそ神であることを知れ』」。
 祈ることができない時、心が虚しくなる時、心が渇く時、こういう時が与えられるのは神さまを知るためです。神さまは私たちの心が満ちているのか、飢えているのかをいつも知ってくれていて、必要な時に心の糧をくださいます。

キーワード:「心の糧」
      「神の御心に生きる」

2018年5月12日 園部会堂

《礼拝の聖書箇所から》ルカによる福音書24章36-43節

宇田慧吾牧師

 昨日は記念会があって、そのお宅がキリスト教と接点を持つようになった時のことをふりかえりました。今回の記念会で偲んだ方の祖父にあたる方が、近所の人たちと囲碁をしていたそうです。その中にお坊さんと牧師もいて、そこで牧師と接するうちに、洗礼を受けたいと思うようになりました。その方はお坊さんの所に行って、洗礼を受けたいけどよろしいですかとお伺いをたて、お坊さんも許してくださり、洗礼を受けたそうです。小さな集落でのことでもあったので、その後もお寺との関わりも丁寧にお続けになり、その結果、そのお寺の鐘には卍と十字架が並んで刻まれているそうです。

 「平和があるように」とキリストは言いました。和を保つことの大切さは、誰もが認めることですが、実際にそれを実践するのは簡単でない時もあります。互いに善意をもって関わっている時でさえ、心がすれちがったりすることも珍しいことではないと思います。

 キリストは「平和があるように」と言った後、自分の手と足を見せました。十字架にかかって復活した後の場面ですから、その手と足には釘打たれた跡があったことでしょう。この手足の穴は、神が人と和を保つためにご自身が深く傷つくことを選んだ印です。

 人と和を保とうする時には、忍耐が求められますし、深く傷つくこともあります。それは本当にしんどいことでもあります。お恥ずかしいことに、私自身はそのような時、心の壁をつくって他者を遠ざけたり、相手を責める言葉を心に並べて、自分の心を守ることしかできないことも少なくありません。和を保つため、ご自身が傷つくことを選んだキリストの僕として、私は神さまに申し訳ないと思います。

 いつも常にというのは難しいかもしれませんが、大切な時、ご自身が傷つくことを選んだキリストの生き方に思い起こしたいと思います。

キーワード:「平和があるように」
      「手と足の傷」
      「和を保つため自分が傷つくことを選んだ」

2019年5月5日 園部会堂

《説教要旨》「下り道で気づく」ルカによる福音書24章13-35節

宇田慧吾牧師

 人生の大切な出会いは、いつも「下り道」にあったように思います。 以前、あるセミナーで講師の方が、自分の経歴を紹介した後、「裏経歴」 を話しました。(表?)経歴は東大卒、有名企業に就職、結婚、起業で成功。 一方、裏経歴は、浪人生活、リーマンショックの影響で解雇、離婚、借金。 それから彼は「裏経歴の経験が私を成長させてくれました」と語っていまし た。  人生の中の成功や輝かしい経歴は、もちろん人に自信や喜びを与えてくれ る良いものです。一方、人には隠しておきたい裏経歴もまた、場合によって は人生への深い気づきや真の意味での成長を人に与えてくれるものでもあり ます。

 聖書に描かれる人々も、成功や充実といった「上り道」ではなく、失意や 行き詰まりといった「下り道」で神に出会っています。今日の聖書の物語に 描かれている二人も同じでした。

 この二人が「上り道」でキリストにかけた期待は「力ある王」「勝利」で した。一方、「下り道」で彼らが気づいたのは、どんな時も変わらずキリス トが一緒にいてくれることでした。

 彼らが経験した通り、キリストは「下り道」を歩いている人の側に来て、 一緒に歩き、一緒に語らい、一緒に食事をして、心の目を開きます。二人の 心の目が開いた時、キリストの「その姿は見えなくなった」そうです。その 理由は、もう見えなくても大丈夫だからと言われます。

 私たちが「下り道」を歩く時、キリストが来てくれます。一緒に歩いてく れます。そして、心の目を開いてくれます。

2019年4月28日 園部会堂

〈説教要旨〉ルカによる福音書23章32-43節

宇田慧吾牧師

 キリストは十字架にかけられた時、「自分を救ってみろ」と罵られました。中でも一緒に十字架にかけられた犯罪人からは「救い主ではないか。だったら苦しんでいる私のことも救ってみろ!」と言われました。そのような罵りに対して、キリストは沈黙していました。

 現代にも同じような叫びがあるように思います。「神さま、どうして私を救ってくれないのですか」。「神さま、どうしてこの世の悪を取り除かないのですか」。

 この問いに対して聖書が語ることは、神はイエス・キリストによって答えたということです。イエス・キリストは、一緒に十字架につけられているもう一人の罪人に「あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言いました。どうして十字架刑に処せられているただ中で、楽園と言えるのでしょうか。

 聖書の伝えようとする救いは、私たちが一般にイメージしている救いとは異なります。私たちがイメージする救いは、苦しみや問題を取り除くという意味の救いですが、神の救いは苦しみを共にする救いです。

 クリスマスには、神はインマヌエル(私たちと共におられる神)であることを聖書から受け取りました。この受難節には、神が私たちの苦しみを共にしていることを受け取ります。イエス・キリストが十字架で苦しんだのは、私たちの苦しみを共にするためでした。また、そのような苦しみの中にあっても、神との心の絆が失われないことを証しするためでした。

 十字架で息を引き取る直前、キリストは「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます」と告白しました。キリストは深い苦しみの中でも神への信頼を失うことはありませんでした。この姿を見届けた百人隊長、群衆の心に不思議な変化が起こりました。

【キーワード】①神は私の苦しみを共にしている。
       ②苦しみの中で、他者の苦しみに寄り添う。
       ③苦しみの中で神に信頼し、すべてを委ねる。

2019年4月13日 園部会堂

「キリスト教文化講座」開催のおしらせ《ルカによる福音書の世界》

聖書の「ルカによる福音書」を読みながら、そこに描かれる世界観を味わいます。参加費無料。 手ぶらでご参加ください。

期間:2019年4月~6月 (全6回)
会場:丹波新生教会 園部会堂

〇土曜コース
第1、第3土曜日 10:30~12:00

〇水曜コース
第2、第4水曜日 17:30~19:00

問い合わせ先:0771-63-0165 (教会)

2/23(土)そのべまちゼミナール@園部会堂のお知らせ

第9回 『そのべ まちゼミナール』 に丹波新生教会も参加します!

〇修道士ドン・ペリニョンの人生と試飲会〇
日 時:2月23日(土)14:00~15:30
会 場:丹波新生教会 園部会堂
申込先:0771-63-0165(園部会堂)
「ドン・ペリニョンは貧しい人々を愛し、よきワインをつくった」そんなことわざがあるそうです。シャンパン製造に献身した修道士の人生と実りを味わいます。

そのべまちゼミナールへの参加は4回目です。以前もワインの試飲会や、子ども向けに夏休みの宿題会などを開催し、地域の皆さんに来て頂きました。(まちゼミとは?詳しい情報はこちらから)

教会に親しんでもらえるイベントとして、今回も良い地域交流の場となれば幸いです。

幼児祝福式を行いました@園部会堂

11月18日に園部会堂で幼児祝福式が行われました。
子どもの健やかな成長を感謝し、これからも神さまがいつも守ってくださるように牧師が祝福を与えます。
お宮参りや七五三のような行事で、特に決まりはないのですが、今回祝福を受けた男の子はちょうど1歳を迎えたばかりでした。

幼児洗礼や幼児祝福については、宗派や個人で色々な意見をお持ちの方がいらっしゃるので、詳しくは書きませんが…(ご要望があれば牧師が詳しく解説してくれることでしょう)
子どもが無事に誕生日を迎えるのは、やはり嬉しいことですね。
こうして祝福式が行われることで、ご家族はもちろん、教会の家族みんなで喜びを分かち合えることが嬉しいです。

教会に小さな子どもを連れてくることに対して、騒がないかな?と気にされる方も多いかもしれません。ですが、シーンとした静かな教会より、子どもの声が響く賑やかな教会の方が、なんだかいいですよね(事実、園部の教会員はこの男の子が泣いても笑っても常にデレデレです^^)。子どもが飽きてしまった時も、亀岡・園部会堂には親子室という子どもが遊べる別室がありますので、そちらを利用することもできますよ。

来週はいよいよ餅つき大会です!
子どもから大人まで集う、そんな教会になりますように。

説教要旨「この一年もお世話になりました」ヨブ記38章1-18節

11月4日説教要旨【園部会堂・宇田牧師】
「この一年もお世話になりました」ヨブ記38章1-18節

◇今日は一年に一度の逝去者記念礼拝です。先に天に召された家族のことをあらためて思い起こそうという気持ちで集まられた方が多いかと思います。牧師として申し上げたいことはただ一つで、私たちが思い出す以前に、天にいる家族は私たちのことをいつも見守ってくれていますし、想ってくれています。必要な時には助けてくれています。私たちが忘れてしまっている時にもです。

◇この前、教会に遊びに来た子どもたちが「川をつくろう」って言ってるんです。なんだろ~と思っていたら、教会裏の駐車場の砂利を掘って、その溝にホースで水を流して川つくってるんです。しかも夕方になったら、つくった少年少女はいなくなって、川は残ってるんです。これ、片付けるかなどうかな~(^^;と思って待っていたら、戻って来て手にうまい棒10本持ってるんです。「牧師さん、いつもお世話になってるんで、これ、教会に来る子どもたちに食べさせてあげてください」って…( ;∀;) 感謝されたくてお世話してるわけじゃないですけど、たまにはそんな風に言ってもらえるとやはり嬉しいですよね。

◇また、わたしの妻がいま妊娠7か月目なんですけど、まだ産まれてないこの時点でも、親にはお世話になったんだなと思います。まだ産まれてなくても親の苦労にやや気づくわけで、これから産まれてきたらもっと、また歳をとっていけばいくほど、いろんな人にお世話になったことにも気づいていくんでしょうね。天に召されていった家族にもお世話になったこと、まだ気づいてないことの方が多いと思います。これから人生の中で気づいていくんでしょうね。

◇今日聖書からの大切な言葉は「知識もないのに、言葉を重ねて、神の経綸を暗くするとは」。よく分かってもいないのに、自分は救われないとか、自分は不幸だとか、勝手に決めるなって神さまが言ってる言葉です。神さまの方ではみんなちゃんと幸せになれるように道を整えていて、その途中には人間から見ればいろんな出来事がありますけど、そういうことも含めてちゃんと神さまが整えてくれている道があるんだ、ということを今日の聖書は言っています。

◇家族にも、たくさんの人にも、神さまにも、この世界にも、いろんなものに私たち支えられています。天に召された家族を思い起こす今日、「この一年もお世話になりました」という感謝を心に持ちたいと思います。

子育てボランティア募集@園部会堂

園部会堂では集会室を地域の子どもたちに開放しています。
最近は、一ヵ月にのべ300名程の子どもたちが遊びに来るようになりました。 地域の子どもたちが、家庭とも学校とも異なる第三の居場所を持ち、安全に楽しく過ごすためのお手伝いをしてくださる方を募集しています。

内容は、子どもの受け入れと見守り、遊びの提供とサポート、おやつ作り、おやつの提供など。時間帯は、平日の下校時刻後(16時頃)と土日です。毎日でなく、ときどきのお手伝いでもありがたいです^^
関心のある方は、お気軽に牧師にお声かけください。 または下記お問い合わせフォームにてご連絡ください。

お問い合わせはこちら

ある時はジェンガや折り紙で遊んだり…

ある時はワッフルやデコポッキーに挑戦

ある時はツイストパンを焼いてみたり

子どもたちが自主的にホットケーキを焼くのを見守ってみたり、一緒に青鬼ごっこをしてみたりと、日によって内容はさまざまです。
牧師一人だと体力にもアイディアにも限界があります。個々の賜物、得意分野を活かして、子どもたちとお交わりいただける方を歓迎します。