教会に通わずに聖書を学びたい方のために No.23

宇田慧吾牧師

今日は、ローマの信徒への手紙10章14-21節を読みます。

10:14ところで、信じたことのない方を、どうして呼び求められよう。聞いたことのない方を、どうして信じられよう。また、宣べ伝える人がなければ、どうして聞くことができよう。 10:15遣わされないで、どうして宣べ伝えることができよう。「良い知らせを伝える者の足は、なんと美しいことか」と書いてあるとおりです。 10:16しかし、すべての人が福音に従ったのではありません。イザヤは、「主よ、だれがわたしたちから聞いたことを信じましたか」と言っています。 10:17実に、信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まるのです。 10:18それでは、尋ねよう。彼らは聞いたことがなかったのだろうか。もちろん聞いたのです。「その声は全地に響き渡り、その言葉は世界の果てにまで及ぶ」のです。 10:19それでは、尋ねよう。イスラエルは分からなかったのだろうか。このことについては、まずモーセが、「わたしは、わたしの民でない者のことであなたがたにねたみを起こさせ、愚かな民のことであなたがたを怒らせよう」と言っています。 10:20イザヤも大胆に、「わたしは、わたしを探さなかった者たちに見いだされ、わたしを尋ねなかった者たちに自分を現した」と言っています。 10:21しかし、イスラエルについては、「わたしは、不従順で反抗する民に、一日中手を差し伸べた」と言っています。

①「聞くことによって始まる」

「読む」「探す」「求める」ももちろん良いことですが、能動的な気持ちが強い時には自分の関心の範囲内のものしか目に入らないこともあります。

力を抜いて、「聞く」、語りかけられるメッセージに耳を傾ける。受け取る。

「自分の外」から来るものに心を開いてみましょう。

②「伝える人」

教会に集まっている人たちの多くは、神さまのメッセージを「聞いた」人たちです。

メッセージを受け取ることで、それぞれに「救われた」という実感を持っています。

そういったキリストに救われた人たちを教会では「キリスト者」(Christian)と呼びます。

キリスト者は「私は救われました」という経験を伝える存在です。

その「伝え方」は様々です。

音楽で、福祉活動で、文筆で、農業で、チラシ配りで・・・etc

私が過ごしてきた教会では、「日頃の行い」「小さな言葉かけ」「生き方そのもの」で自分が受け取ったものを伝えている方が多かったです。

特技のある方は、大いにその才能を用いて伝えることはすばらしいと思います。

一方で、「私にはこれといった才能もない」という方も、自分が「聞いた」「救われた」という原点を大切にしながら生きていくことで、十分な神さまへのご奉仕だと思います。

ちなみに、聖書もキリスト者が「伝える」ために書いた書物です。

一言一句を理解することは難しいですが、書かれていることの急所は「私は救われた」ということです。

③「聞こえない時」

聞くには聞いたけど、聞こえない時もあります。

心に届かないということですね。

そういう時の神さまの気持ちが書かれていました。

「わたしは、不従順で反抗する民に、一日中手を差し伸べた」

届かない時にも、神さまは手を差し伸べて、待っていてくれます。

《おまけ》

私は両親が教会に通っていたこともあり、子どもの頃から教会に通っていました。

ですので、子どもの礼拝で聖書のお話を聞いていたはずなのですが、あまり記憶には残っていません。

小学校低学年で教会には行かなくなり、その後教会とのつながりは夏のキャンプやクリスマスといった季節のイベント程度でした。

中高生になった頃には、学校生活に夢中で、すっかり教会のことも忘れていました。

ところが不思議なことに、18歳で人生に一番悩んだ時に、「神さまはね、いつも君と一緒にいて、君を守ってくれているんだよ」という牧師の言葉がふと心によみがえってきました。

子どもの頃に聞いた言葉を心で受け取るまでに、十数年の歳月がありました。

その間、私は教会を忘れていましたが、教会の方たちや両親が、愛をもって見守り続けてくれていたことが今はよく分かります。

2020年6月21日